生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. オフィスでさりげなく癒しの存在になるには

オフィスでさりげなく癒しの存在になるには

2010年12月27日作成

 views

オフィスでの仕事。みんな日々ストレスを抱えながら頑張っています。

辛い時、あなたも誰かに励まされたりして元気になれたり、行き詰っていた時にアドバイスをもらって、前に進めたりした経験、ありますよね

今回は、あなたがそんな『癒し』の存在になれるよう、アドバイスします。身に着けてさりげなく実行すれば、オフィスがきっと、今よりもっと居心地のよい空間になりますよ。

目次

ポイント1:雑談ができる人になろう

上司でも部下でも、会話が仕事ばかりではそれ以上心打ち解けるのは難しいですよね。

時にさりげない雑談ができる人になりましょう

雑談ができるという事は、相手を知らなくては出来ない事。ちょっとした会話の中で、社内の人がどんな事に興味があるのか、耳にする事があったら、そっと記憶しておきましょう

例えば休日にゴルフの練習に行くのが趣味の人には、『昨日、行かれたんですか?調子どうですか?』などさりげなく楽しい会話をしてみましょう

ポイント2:行き詰っている人を、外に連れ出してあげよう

仕事で一杯一杯な人、見ればわかりますよね。

席でどんなに頑張っても、そんな時は負のスパイラルに陥ってしまっていて、なかなか抜け出せません。

思い切って、『ちょっといい空気でも吸いに出ようよ』など、軽く誘ってあげましょう。時に気分転換も必要。

屋上へ行ったり、近くの公園でも構いません。5分でも席から離れて、頭をリフレッシュする、そんな機会を作ってあげましょう。

仕事に追われている時って、缶コーヒー1本飲む位の息抜きさえ、自分では作れないものです。

仕事は締め切りもあり、追われているかもしれませんが、そのリフレッシュの一瞬があるかないかで、きっとその人は救われるはず

ポイント3:よい所を見つけて『いいね!』と声を掛けてあげましょう

会社は仕事をする場所。でも、上司でも部下でも同僚でも、きっとプレゼンの日や、大事な会議の日など、勝負○○って、身に着けていたりするもの

いつもと違うな、とか、例えば新しいネクタイやスーツでは?と思ったら、『素敵ですね』と声を掛けてあげましょう

何気ない事のようですが、言われた本人はそれだけで気持ちも上がるし、ましてやそれが本当に勝負のプレゼン前だったりすれば、気合も入ります!

普段からそういう声を掛けていれば、『あの人は本当に人を良く見ているよね』、とか、『あの人に声掛けられると嬉しいよね』などと思われたりしますよ

おわりに

せっかく長い時間一緒の空間で仕事する仲間。

あなたがそんな仲間を、時に元気付けてあげたり、背中押してあげたりして、会社を少しでも楽しく過ごせる空間にする『癒し』の存在になれたら‥とても素敵ですよ

本記事は、2010年12月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る