生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 婚活パーティーを使って、彼氏を作る方法

婚活パーティーを使って、彼氏を作る方法

2013年01月31日更新

 views

お気に入り

はじめに

数年前から「婚活」がブームです。そこで、当記事では婚活パーティーを使って、彼氏を作る方法についてご紹介します。

見た目が大事

婚活パーティーでは、ごく限られた時間に自分をアピールしなければなりません。内面まではなかなか伝わらないので、婚活パーティーでカップル成立するためには、見た目の要素が重要です。

とは言うものの、生まれつきの美醜が有利・不利に働くのはせいぜい20代前半まで。20代後半以降は、以下の点を気をつけるだけでも、見た目の印象が大きく変わります。

髪型

パーティー当日か前日など、なるべく近い時期に美容院で髪型をセットしましょう。

その際、自分の主観・思い込みにとらわれずに、プロの美容師さんに「似合う髪形」について相談しましょう。特に、長らくヘアースタイルが固定している女性は要注意です。

自分の似合う髪形を分かっていない人って意外と多いものです。また、数年前に似合っていた髪型が、今の自分に似合っているとは限りません。

さらに、美容院で眉毛カットしてもらったり、可能であればメイクアップの指導を受けたりするのもお勧めです。

化粧

化粧に自信のない方は、すぐにデパートの化粧品売り場に行って、販売員の指導を受けましょう。または、前述のように、美容院で教えてもらってもいいです。

化粧品売り場で指導を受けるのは、いろいろ売りつけられそうで気が引ける…という方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、化粧品代は、婚活の必要経費と割り切ってください。また、最初に販売員に予算を伝えておくと、その範囲内で最大効果のあがる方法を教えてもらえるのでお勧めです。

ファッション

ファッションも、独りよがりにならずに、他人のアドバイスを仰ぎましょう。できれば、身近な友人以外が望ましいです。

というのも、身近な友人はあなたと感性が似ていることが多いので、あなたが気付かない点を友人も気づかないというおそれがあるのです。これではあまりアドバイスの意味がありませんよね。

ファッションに関しては、あまり身近でない人のほうがかえって的確なアドバイスをくれることが多いです。「婚活」を打ち明けるのが恥ずかしいなら、「友人の結婚式に行くファッション」とでも言っておきましょう。

なお、どうしてもファッションに自信がない場合には、思い切って着物で行くのもお勧めです。

「浮いてしまわないか」と心配かもしれませんが、婚活パーティーでは「目立つ」ことが大事です。また、着物は少なくとも男性からは好印象を持ってもらえます。

笑顔

いくら着飾っても、表情がさえないと、台無しです。素敵な笑顔は七難を隠します。毎日、鏡の前で笑顔の練習をしましょう。

別の記事でも紹介したことがありますが、左右が反転して映るリバーサルミラーはお勧めです。相手から見える自分の笑顔をチェックしましょう。

会場での会話

以前、初めてお見合いパーティーに参加するときに事前に注意したいことという記事でも述べましたが、婚活パーティーでの自己紹介タイムは重要です。

短く的確に自分をアピールできる自己紹介と、相手への質問を用意しておきましょう。ただし、以下の点には気をつけて。

過去の男性経験に触れない

よく、良かれと思って「彼氏いない歴○年」とか「男性には尽くすタイプです」などとアピールする女性がいますが、「過去の男」を連想させる表現はあまり好ましくありません

女性には少し理解しがたいですが、男性は、「過去の男」にものすごくこだわります。「過去の男」の影がちらついた瞬間、目の前の女性の魅力が何十パーセントか減少するほどです。

「彼氏いない歴」は言わないでよろしい。また、「男性に尽くす」は「世話好きなほうです」などと言い換えるようにしましょう。

相手の立場に立った質問を考える

婚活パーティーでは、男性に対してストレートに収入についての質問をする人がよくいます。

確かに、将来のことを真剣に考えるからこそ、相手の収入が気になるというのは理解できます。しかし、男性の側からすると、初対面で収入について尋ねられるのは、あまりいい気はしないものです。

逆の立場に立ってみましょう。一般的に妊娠・出産のことを考えると、結婚する女性の年齢は、男性にとって気になる問題のはずです。

しかし、婚活パーティーでストレートに年齢を尋ねてくる男性がいると、やはり失礼だと感じるのではないでしょうか。

質問は、相手の立場に立って、不快感を与えないものになるように工夫しましょう。例えば、収入のことが気になるなら、ストレートに尋ねるのではなく、仕事内容の質問にとどめましょう。

最終指名について

婚活パーティーでは、最後に自分の気にいった異性の番号を紙に記入して主催者に提出します。

このとき、数人の男性を選ぶことが出来るので、カップル成立を目指すなら、あまり絞り込まず、書けるだけの番号を書いたほうがいいです。

もちろん、「生理的に無理」な人を指名する必要はありませんが、「話してみて悪い印象ではないのだが、及第点にはちょっと届かないかな?」という人も範囲に含めるべきです。

婚活パーティーは、とにかく時間が限られているので、各人の長所が発揮されているとは限らないからです。パーティーの場ではイマイチだった人も、もう一度会ってみると印象が変わることもあります。

おわりに

いかがでしょう。婚活パーティーを使って、彼氏を作る方法についてご理解いただけたでしょうか。

当記事が、あなたの恋愛のヒントになれば幸いです。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101226000303

本記事は、2013年01月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る