\ フォローしてね /

これだけあれば大丈夫!ビギナーお料理グッズ

シンプル イズ ベスト

最近さまざまなキッチンツールが販売されるようになりました。値段も幅広く、100円ショップで殆ど揃ってしまいます。ですが、いくら安いからと言って買っても、使わなければ意味がありません。キッチンは出来るだけモノを少なくして、使いやすくするのがオススメです。

今日は、コレさえ揃えば大抵の料理が出来るかな?というツールをご紹介します。一人暮らしを始める方、料理をこれから始めようという方にオススメです。

必須アイテム

包丁とまな板

最近はカット野菜など包丁を使わなくても調理が出来る便利な時代になりましたが、一応揃えておきましょう。包丁は万能タイプの“三徳包丁”で、まな板は厚みが1センチ程度、横の長さは40センチ程度が使いやすいと思います。

ピーラー(皮むき器)

包丁で野菜の皮が剥けない人にオススメです。きゅうりや人参をリボンのように薄く削ってオシャレなサラダを作ることも出来ます。

ボウルとザル

二つずつあれば充分です。出来ればステンレスタイプのものがいいでしょう。プラスチックは傷がつくとそこにばい菌が付着しやすいので気をつけましょう。

直径が20センチ~25センチ、深さが15センチ程度のものが使いやすいと思います。ザルも同じ大きさで、網の周りに枠が少ないものの方が野菜のカスが入りにくく扱いやすいです。

お玉と缶きり

お玉は金属製のものが便利です。あまり大きなものを買うと、鍋が小さいと扱いにくいので、手持ちの鍋の大きさを確認してから買いましょう。缶切りは使いやすいタイプのものを選びましょう。デザイン性よりも使いやすさ重視で選びましょう。栓抜きとセットのものがGOOD。

菜ばしとターナー(木ベラ)

菜ばしの長さは30センチ程度で、紐がついていないほうが便利です。箸先に滑り止めのあるものがいいでしょう。ターナーは金属だと鍋に傷がついたりするので、木製がいいと思います。炒める、押さえる、返すなど万能です。

鍋とフライパン

フライパンは深型と、普通サイズがあればいいです。サイズは25センチが使いやすいです。同サイズのガラス蓋もあればGOOD。鍋は深さ10センチ、直径20センチの片手鍋と、それより二回り大きな両手鍋があれば大丈夫です。

煮込み料理、スープなどは鍋で、炒め物やパスタは深型フライパンで、焼き物はフライパンで出来ます。

おわりに

いかがでしたか?これで大抵の料理は出来ると思います。ご紹介したグッズは、全て100円ショップで購入できますので、2000円以下で手に入ります。

そして料理を楽しんでいくうちに、欲しいものやこだわりが出てくると思いますので、本格的なツールはそれからでも遅くありません。まずはお料理を楽しんでみてくださいね。一人で自画自賛するもよし、誰かのために作るもよし、美味しくなるようにと願いを込めながら・・・・。

(Photo by http://www.ashinari.com/2011/12/26-355144.php?category=400)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。