\ フォローしてね /

今から間に合うお正月の迎え方

このライフレシピのもくじたたむ

今週で仕事納め、公私共にお正月を迎えるための準備を始める時期になりました。自宅で準備するお正月の迎え方に関する代表的な3項目についてご紹介します。

用意するもの

  • 門松
  • しめ飾りと輪飾り
  • 鏡餅

やり方

門松

正月の準備は、まず門松を立てることから始まります。(注)

本格的な門松は、竹3本を立て、周囲を松で囲み、梅や笹などをあしらい、荒縄で束ねたもので、門の左右に立てます。

しかし、現在では、門柱や玄関に釘で打ちつける略式の門松が一般的になっています。さらにマンションやアパートなどでは、釘も打てないところが多いので、リースや壁掛け風のモダンな松飾りをアレンジするのもしゃれています。

形式にこだわらず、お正月を迎えるインテリアとして工夫したいものです。

しめ飾りと輪飾り

しめ飾りは、長寿をあらわすうらじろ、家系の繁栄をあらわすだいだい、家系を後の世代にゆずって絶やさないゆずりはを、しめ縄にあしらってあります。玄関の軒下や神棚に、古い年の悪や不浄をはらい清める意味で飾ります。

輪飾りは、しめ飾りを小型にして簡略化したもので、台所、水道、子ども部屋、トイレ、裏口などに飾ります。(注)

鏡餅

鏡餅は、正月の神様への供え物として飾られます。正式には、地域ごとの風習があると思いますが、家によっては、コンポートや丸盆の上に半紙を敷き、うらじろとゆずりはをおいて餅を重ね、葉つきみかんを飾るだけでも十分です。

鏡餅は床の間に、おめでたい掛け軸や生花とともに飾られるのが一般的ですが、床の間のない家庭ではサイドボードや飾り棚、机の上などでもかまいません。

(注)

準備する日は、29日と31日は避けましょう。現在は、12月26日から28日に立てることが多いようです。29日は苦(松)がつき、31日は一夜飾りといって好ましくないとのことです。

おわりに

三点倒立?、3割30本30盗塁?、三権分立、三位一体、「三」に纏わる言葉は多くありますが、「後の始末は次への準備」(作者談)、バランスよく準備して、気持ちよく新年を迎えましょう。

photo by 著者
参考文献 「冠婚葬祭の常識」

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。