生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 共働きだからこそ気をつけたいポイント

共働きだからこそ気をつけたいポイント

2010年12月27日作成

 views

共働きだと、片方が帰宅しても片方は仕事中だったりお休みの時期があわなくてデートや旅行も満足にできない…なんてことも多いはずです。そこで、共働きだからこそ気をつけたいポイントを紹介します。

共働きだからこそ気をつけたいポイント

家事分担

まず結婚をしたら、共働きといってもほとんどの家庭は、家事は奥さんの方が負担が多いものです。しかし最初はよくても、奥さんは仕事に家事に追われ、ストレスが溜まってしまいます。

そしてそのストレスの行き先は旦那さんになりますよね。そこで最初から家事分担をきちんとしましょう。男性の人は「女性が全ての家事をする」、という概念を捨てましょう。

一日仕事をして疲れて帰宅する家は、次の日の活力につながる安らげる場所であるべきです。共働きだからこそ、家事を分担し、奥さんもストレスを溜めない家庭を作るべきです。

ラブラブでいられるには、お互いがお互いを想い合わないといけません。そこで家事もお互いが協力し合ってすることにしましょう。平日だろうと休日だろうと家事は、分担して行うようにしましょう。

連絡を取り合う

結婚して一緒に住んでいると、自然と連絡を取り合うことも少なくなりますよね。恋愛中は、メールや電話も頻繁にしていたのに・・・という人も多いはずです。

いつまでもラブラブでいるためには、「ほったらかし」ではいけません。一緒に住んでいても仕事の昼休みや帰宅時にはメールや電話をするようにしましょう。

「お疲れ様。今から帰ります」、だけでもいいんです。連絡を取り合うことで、「仕事をしていても、あなたのことを考えていた」ということが相手に伝わります。

仕事が忙しくて、すれ違ってしまうカップルも多いですが、お互いに連絡を取り合っていれば、いつまでもラブラブでいられるはずです。

あまり一緒にいる時間を取れないのであれば、メールや電話でもいいのでコミュニケーションを取ることが必要になります。

おわりに

共働きだと、お互いに一緒にいる時間も少なく、心配になったり、不安になったりしてしまうものです。しかし共働きだからこそ、お互いをより想い合って行動していけば、ますますラブラブになれるはずです。

(Photo by 足成)

本記事は、2010年12月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る