生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon mentalメンタル

  1.  
  2.  
  3. 潜在意識は否定語を理解できない

潜在意識は否定語を理解できない

2014年10月10日更新

 views

お気に入り

潜在意識は否定語を理解できない

突然ですが、以下のようにいわれたらどうでしょうか?

「ピンクの象をイメージしないでください」

こう言われると、多くの人がピンクの象をイメージしてしまいます。つまり「潜在意識は否定語を理解できない」という傾向にあります。

ということは・・・

たとえば、すごく緊張する場面で

  • 「緊張しないようにしよう」

と思っても、脳は「緊張する」という風なメッセージで受け取ってしまいます。すると緊張がどんどん高まってしまいますよね。

こういう時は

  • 「リラックスしよう」

と置き換えて言うとよいわけです。そうすれば、潜在意識も「リラックスをする」という風に受け止めてくれるわけです。

子供の教育にも

これはお子さんに注意するときなどにも活用できます。

たとえば、お子さんにも

  • 「散らかしちゃダメ!」
  • 「遊んでばっかりじゃダメ!」

という風に否定語で注意するのはあまりよくありません。こういう時は

  • 「きちんと片付けよう」
  • 「勉強もがんばろう」

という言い方にするといいのです。

おわりに

というわけで、すごくカンタンにできるわりに、効果が高いので、ぜひおすすめです!

本記事は、2014年10月10日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る