\ フォローしてね /

お通夜・葬儀での遺族・親族の服装

このライフレシピのもくじたたむ

ここでは、お通夜・争議での服装マナーについてご紹介します。

弔問客を迎える服装は?

男性は主にブラックスーツ

通夜までは地味な平服でかまいませんが、通夜には喪服に着替えます。ただし、身内が中心となる通夜では、従来とおり、喪服を着用しなくてもかないません。

  • 和装の正礼装

男性が和装の正礼装で迎える場合は、黒羽二重染め抜き五つ紋の羽織袴にします。昼間の洋装ならモーニングコートが正礼装になります。どちらも一般の葬儀ではほとんど着用されることもありませんが、大規模で、格式高い葬儀では、喪主や世話役代表などが着用する場合があります。

  • 準礼装のスーツ

男性の場合は、もっとも多い喪服は昼夜問わず、準礼装のブラックスーツに黒のネクタイです。

女性は洋装か和装で

女性の場合は、黒のスーツや黒のワンピースまたは、和装の喪服に着替えます。

  • 和装の正礼装
    染め抜き五つ紋付の黒羽二重です。紋は、嫁入り時に喪服を作った場合は実家の紋に、嫁いでから作った場合は、嫁ぎ先の紋にします。

  • 洋服の正礼装
    洋服の正礼装は、黒のワンピースかスーツです。肌の露出は控え、夏でも長袖か七分袖にします。

化粧は控えめにして、口紅などはごく薄い色のものをつけるようにします。アクセサリーも控えて、婚約指輪、結婚指輪と一連のパールのネックレス、パールのイヤリング以外は身につけないようにします。

子供の若い遺族は、学生服やレンタルなど

子供の若い遺族は、学生服や制服、あるいは紺やグレーのブレザーでもかまいません。
急なことなので、喪服が間に合わない場合は、葬祭業者に相談すると貸衣装を手配してくれます。和装の場合は、自分の家の紋を選ぶようにします。

家紋がわからない場合は、「五三の桐」を使うのが一般的です。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。