\ フォローしてね /

簡単美味しい かじきの竜田揚げのつくりかた

このライフレシピのもくじたたむ

魚料理って、ちょっと面倒なイメージがありますね。魚と言えば刺身か焼き魚~という人も多いかもしれません。

でも、小さい子がいるとお刺身も焼き魚も、意外と食い付きが悪かったり、お肉の方がいい!と言われたり、ってことないですか?

そんなご家庭にもおすすめ、簡単に出来て美味しい、こどももパパも喜ぶ、食卓も豪華な雰囲気になる竜田揚げのつくりかたをご紹介します。

今回はかじきでご紹介しますが、鯖などでも美味しくいただけます。

材料 

  • かじきまぐろ 適量
  • 生姜 チューブの物でOK 適量
  • 醤油 適量
  • 料理酒 適量
  • 片栗粉 適量
  • 揚げ油 ##作り方 ###STEP1:かじきまぐろは一口大に切って下味をつける 骨があれば取り除きましょう。大きい切り身よりも、一口大に切ることをお勧めします。生姜、醤油、料理酒につけますが、長時間つける必要はありません。 ###STEP2: 片栗粉をまぶす 汁けを切って、片栗粉をしっかりまぶしましょう。 ###STEP3: 揚げ油で揚げる 味が付いているので焦げやすくなります。火加減に気をつけましょう。鶏のから揚げよりも薄い分すぐ揚がります。

こんがり揚がれば出来上がり。

盛り付け

小さめに切ったのは、銘々皿ではなく、大皿料理をイメージしてのことです。

サラダ風

大皿にサラダ菜、水菜などの緑の野菜を敷いて、上に竜田揚げを乗せ、おろしポン酢をかけて出すと見た目にも豪華な一品になります。

酢豚風

炒めた野菜と合わせて甘酢あんを絡めれば、かじきまぐろの酢豚風。残った時の翌日アレンジにもお勧めです。

スタミナアレンジ

カリカリに揚げたにんにくの薄切り、フライドポテトを一緒に盛って、ウスターソースをかけて食べても美味しいです。

パンにはさんで

厚切りの食パンを半分に切ってトーストして、真ん中を割いてポケット状にしたところに、レタスと挟むと美味しいフィッシュバーガーになります。

おわりに

男性やこどもは揚げ物を喜ぶ人が多いので、このメニューだと魚でもとても喜ばれます。骨がないので小さな子でも安心してひとりで食べられます。

脂っこいものが苦手な女性でも、お肉の唐揚げなどよりもさっぱりして食べやすいですよ。

魚料理って・・・と思わずに、是非挑戦してみてくださいね。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。