\ フォローしてね /

英単語を効率よく覚えていく方法

筆者も実際に活用しているやり方を含め、効率の良い単語の覚え方を紹介致します。

暗記する時は歩きながら

何かを暗記する時は歩きながら暗記すると頭に入りやすく覚えやすい、と言うのは御存知でしたか?実験で証明もされており、TV番組や本などで紹介されています。

家の中をグルグル歩いても良し、散歩がてらに近所を歩いて回るのも良し、公園を歩くのも良し、通勤途中の歩く時でも良し。

歩くことが出来ない時は仕方ありませんが、歩ける余裕がある時は、歩いて暗記するようにしましょう。

ボソボソとつぶやきながら暗記

黙りこくりながら頭の中だけで覚えようとするより、「awesomeは「最高」awesomeは「最高」」とボソボソつぶやきながら暗記すると暗記効果が高いそうです。

歩きながらそしてボソボソつぶやきながら暗記すると、二重の効果が得られますね。

類義語or同義語をチェックして暗記

例えば、「許す・許可する」と言う意味の単語。

  • permit
  • admit
  • allow
  • forgive

主にこの4つがあります。4つとも、ニュアンスや使い方は微妙に異なりますが、大まかにくくることが出来ます。

このように、類義語or同義語をチェックし、くくって覚えてしまえば、

「確か「許す・許可する」の意味の単語は4つあったよな。permitとadmitと・・・」

と、単語に関しての判断材料が増え、根強い印象付けが出来ます

まずは大まかにくくって覚えること。それから微妙なニュアンスや使い方を覚えていくと良いでしょう。これを繰り返せば、意外にスムーズに知らない単語を消化出来て行きますよ。

ネイティブが使っている英語を参考にして覚える

洋楽

ネイティブが書いた歌詞ですから、極めて実用的な英語であり、参考としては十分です。

機械的に暗記するより音楽として楽しみながら覚えれますので、単語に対しての印象も深く根付き、暗記効果も高いはずです

YOU TUBEのコメント欄を参考にする

YOU TUBEは多くのネイティブの人達も利用しているので、洋楽の歌詞と同じく、極めて実用的な英語ばかりです。

このコメントを参考にして、「この人こんなこと書いてるのかぁ」と勉強すれば、機械的に単語を覚えるより遥かに印象が強く、頭に残りやすいです。筆者もたまにやってます。

おわりに

TV、CM、ネット、そしてこのnanapiでも英語に関する事柄が目立ちます。それほど今の世の中、英語が必要とされているのでしょう。

英語、頑張って下さい!筆者もまだまだ勉強中です!

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。