生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 結婚式の招待状の返事を出すときのマナー

結婚式の招待状の返事を出すときのマナー

2012年07月10日更新

 views

お気に入り

はじめに

結婚式は結婚する本人たちはもちろん、まわりの人たちにとっても、おめでたい儀式です。

精一杯のおめでとうの気持ちをこめて、お祝いしてあげましょう!

結婚式の招待状が届いたら

2~3日中に返信しましょう

結婚披露宴の招待状が届いたら、なるべく早く出欠の返事を出しましょう。2~3日中が目安です。

ふつう、返信用ハガキが同封されているので、その返信用ハガキを使います。

返信ハガキの書き方

表面の先方の宛て名の下に「行」や「宛」と印刷されていたら、これを線で消し「様」と書き直します。

出席の場合、返信用はがきの「御欠席」を二本線で消し、「御」「御芳」などの尊敬語を一本ないし二本の縦線で消します。また、出欠いずれの場合も住所・氏名を書き入れ、余白スペースにお祝いとお礼のメッセージを添えましょう。

電話や口頭で返事をした場合も必ずハガキを送ります。

不幸と場合は欠席の理由をさりげなく

もし不幸と重なってしまった場合は、お詫びの言葉とともにひと言理由を書き添えます。

ただし、欠席の理由が身内の病気や不幸などの場合は、「都合により」「ほかに所用があって」というように、理由をあいまいにして返事をしましょ
う。

出産などのおめでたい理由は、その旨を書いてOKです。祝電を忘れずに!

代理出席は基本的にマナー違反

出欠の返事を出したあとで急に都会が悪くなった場合、代理人を立てることはマナー違反です。

しかし、招待者から「代理にどなたか…」などと言われたときは、代理人を立てます。
その場合は、事前にだれを代理にするか連絡しておくようにしましょう。

いずれにしても、当日は祝電を打ち、お祝いも事前に贈ります。もちろん、後日お祝いとお詫びのあいさつをすることも忘れないようにしましょう。

代理出席する人は、当日受付で代理で出席する旨を伝え、芳名帳には先に招待された人の名を書き、その横に小さく「代人、○○」と書き加えます。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100217141756
  • 20100215193202
  • 20100215193226

本記事は、2012年07月10日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る