\ フォローしてね /

英会話語彙を安く習得する方法

英語の重要性

使用頻度からみて世界的に寡占的な地位を築いている英語は日本でも加速度的に素養を求められるようになってきています。もはや英語はサラリーマンにとってある意味一般常識です。

外国語の基本の一つは知っている語彙を増やすこと

事実を表す最小単位が語彙

外国語会話というと直接的にその言語を話す外国人と話をするのが一番とよく聞きます。間違いではないのかもしれません。しかし、話をするときに使う語彙は会話の中でそんなに幅広く出てくるわけではないと思われます。

会話によって身に付いていく語彙もあるでしょうが、幅広い分野の語彙を身につけていくのに会話だけでは結果的に時間がかかります。

また、会話浸りの環境を享受できる人は留学する経済力のある人、身近にネイティブがいる人で時間がある人など限られると思います。

逆に言えば語彙を増やすのにネイティブは必要ない

語彙は語学力の基礎の一つですが語彙学習を自分で取り組めば増やしていけるものです。

お金を掛けずに語彙を増強

基本的な語彙を音声面でもインプット

中学・高校・大学と授業で接してきてなぜ基本的な語彙と思うかもしれませんが、少し考えてみれば思う節があるでしょう。

全ての人が数年間プロの教師に教わってきましたが、それらを音声として頭の中にインプットしてきたでしょうか。おそらく単語の意味が分かるとは字を見て意味を思い出せる程度でやり過ごしてきた方も多いでしょう。

記憶には色々な形がありますが、その中には文字記憶と音声記憶というものがあります。文字記憶と音声記憶がジョイントされた形でインプットされていればその語彙はOKです。

音声面でのインプットが完了していない人については基本的な語彙を飛ばして高難易度語彙へ飛んでしまうと、分からないままとなってしまいます。心当たりのある人は基本的な語彙から入ってください。

用意するもの及び基本的なやり方

用意するものはこれだけ

  • 基本的な語彙と文構造の文章が多く載っているテキスト(レベルが人それぞれ違うためテキストは学習者の感触で決めてください。)

  • そのテキストの音声が保存されているCD、ハードディスク、カセットテープなど

    やり方

  • 選んだテキストを音声だけである程度分かる人は出来るだけ高回数聞く。最初から完璧に理解できる人は既にステップアップ出来るテキストではないでしょうから、少し難しい別のにしましょう。

  • テキストの音声を聞きながら、音に合わせて出来るだけ黙読をする。その後、音声を聞きながら出来るだけ音読する。文中に出てきた分からない語彙をチェックをしておき後で意味を調べる。

  • 可能なら文章ごと頭に入れてしまいます。記憶力のよい人なら上記の順に進めてきても特に苦痛に感じることはないでしょうが、そうでない人は結構しんどく思うかもしれません。

  • もし、中々頭に残らないならそのまま続けてもよし、その段階で自分なりの方法を探すもよしです。

    おわりに

    継続は力なり

    これは他の学習方法においても言えることかもしれませんが、自分なりのアレンジが入った場合でも継続することで効果はでてくるでしょう。

 

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。