\ フォローしてね /

英単語を音から覚えるコツ

このライフレシピのもくじたたむ

英語力、高めたくて日々何かしようと思うけど、なかなか続かなかったり開始できないんものです。できるだけ時間を取られず苦労せずに英語力を高めていきたいですよね。

カタコトでも喋れたり、聞き取れたりするためには単語から!って考える方も多いと思います。今回はその単語を覚えるコツを紹介します。

用意するもの

  • 覚えたい英単語リスト
  • ボイスレコーダー(携帯電話の録音機能でもOK)
  • ウォークマン

やり方

STEP1 単語を録音する

用意するものからあら方の予想はついているかもしれません。最終目標は、自分で英単語を読み上げた音を移動中など、普段のBGMにすることです。

まずは、覚えたい単語を読み上げ、録音します。録音方法が色々あります。最近の携帯電話は、ボイスレコーダー変わりになる機能がついているので、新しくボイスレコーダーを買う必要はないと思います。

iPhoneでしたらボイスメモが標準アプリとして、最初から入っています。

読み上げ方のおすすめは「英単語発音を2回、日本語意味、英単語発音1回、スペルを1文字ずつ」で1セットです。

例:dog(犬)→「ドッグ。ドッグ。犬。ドッグ。ディー、オー、ジー」

STEP2 ウォークマンにデータを入れる

携帯などで録音した場合、データの取り出し方がわからない場合は、メールに添付して、自分で自分に送信しちゃいましょう。編集しやすいようにパソコンのアドレスに送信するのが良いと思います。

データを送信したら、録音したデータを確認します。チェックポイントはボリュームや、発音の速さです。何度か録音、視聴を繰り返していると、自分が聞き取りやすいタイミングが掴めてきます。

ここは時間がかかりますが、しっかり良い音で録音できるように確認しましょう。

iPhoneであれば、ボイスメモのデータはパソコンと同期したときiTunesのプレイリストに「ボイスメモ」が作成され、そこにデータがあります。

STEP3 移動途中、お風呂などで聴く

ここまできたら、後はひたすら聴くだけです。1回の録音データが30分程度での単語数であれば、1週間聴き続けるだけで、発音と意味は頭に入ってくるようになります。

スペルもなんとなく、イメージできるようになってきます。まずは単語の「音」と「意味」だけをだいたい頭に入れておくと、長文が読めるようになったり、話していることがなんとなく分かってきたりします。

ひたすら音楽を聴く感覚で再生を繰り返しましょう。

おわりに

途中、ちょっとずつ紹介してきたように、iPhoneなどのスマートフォンは、この手の自分で録音して自分で聴くための機能が揃っています。普段通話に使うマイクなので、音質もなかなか良いです。

ぜひ、お使いの携帯電話がスマートフォンなら、試してみてください。

たとえ1日であっても1日中繰り返し聴くことがポイントです!がんばりましょう。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。