生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3. 見落としがちな節約方法

見落としがちな節約方法

2010年12月24日作成

 views

はじめに

節約はしないといけない、でも苦行のように辛いのは嫌。そんな貴方に視点を変えるだけの簡単節約術をご紹介します。

置き換え・比較

お金に関わるあらゆる場面で置き換え、比較をしましょう。意識的に思考することで無駄が見えてくることもあります。

置き換え通勤

置き換えダイエットならぬ、置き換え通勤をしましょう。普段、通勤で自宅~会社までバスや電車など公共機関を使って通勤しているとします。この通勤方法を自転車に置き換えると交通費を丸々節約できます。

ここで、徒歩ではなく自転車を選んだのは、ガソリンが必要ないのでお金を気にしなくて良く、徒歩の速さでは時速6km前後(1時間で6kmしか進めない)が関の山で、会社まで遠い人には非現実的な為です。

適度な運動にもなり、わざわざジムに通ったり、余暇に運動をせずに済むので健康とお財布に優しく、更に時間の節約にもなりますよ。

交通機関を使った場合と自転車の場合と所要時間が大差ない場合は迷わず自転車をchoice!

代替案を考える

ごはん一つとっても、小分けパックになったものを買う、炊飯器で炊くなど選択肢は複数あります。自炊のほうがより経済的ですが、もっと、時間も電気代も節約できないか?と考えルことも必要です。

圧力鍋でご飯を炊く方法

これは一例ですが、普段当たり前だと思っていることとは違う、今まで挑戦してなかったことの中に節約の糸口が隠れています。


比較する

100円で何が買えますか?板チョコ(90g程の)なら1枚、おやつに食べたらなくなってしまうかもしれません。特売のキャベツなら1/2個、たっぷり食べても1~2食分になるでしょう。

同じ100円でも何に投資するかで効果が大きく違ってきます。節約は意識を小さなものに向けていくところからです。加工度の低いものの方がたくさん購入できますよ。

まとめ

  • お金ではなく、自分の体を使う
  • 現代の常識にとらわれない
  • 加工品はなるべく買わない

自転車での移動は慣れないうちは疲れてしまうかもしれませんが、人ごみの中に行かなくて済むので風邪をもらわずに済むという嬉しいメリットもありますよ

本記事は、2010年12月24日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る