生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 新米主婦のための葉ものの野菜の選び方

新米主婦のための葉ものの野菜の選び方

2010年12月23日作成

 views

新米主婦であれば、きっと毎日野菜を料理して、食べると思います。野菜の選び方一つで、料理の味も変わってきます。

まだまだ料理に慣れていない新米主婦であれば、新鮮な野菜を料理して、おいしいご飯で、ご主人の帰りを迎えたいものですよね。

今回は、葉もの野菜の選び方と保存方法を紹介します。

目次

キャベツ

いくつかのキャベツを持ってみて、できるだけ重いキャベツを選びましょう。見た目がみずみずしいものを見つけてください。

一番外側の葉が濃い緑色のものが新鮮です。一番外側の葉が緑ではなく、白っぽくなっている場合は、外側の葉を何枚かはがしたあとです。

キャベツを保存するときは、冷蔵庫の野菜室を使ってください。新聞紙やラップでくるんでから入れると長持ちします。

レタス

キャベツと同じように、重いものを選びましょう。一番外側の葉がみずみずしくしゃきっとしているものがいいです。きれいな緑色で、全体的にきれいな丸い形であれば、間違いありません。

保存の方法は、キャベツといっしょでいいです。

ほうれん草

葉は濃い緑色のものを選びましょう。葉はできるだけ根元に近いところから生えているものがいいです。根元は大きめで、赤いものがおいしいです。全体的に乾燥したり、干からびたりしているものは避けましょう。

保存の方法は、ビニール袋に入れるか、新聞紙でくるんで、冷蔵庫に入れます。ほうれん草は収穫する前の状態で保存したほうがいいので、立てていれておきましょう。

みず菜

切り口と葉先が傷んでいないものを選びましょう。根元の茎が多く、みずみずしいものを選んでください。

新聞紙に包んで、冷蔵庫の野菜室に立てて入れておいてください。

おわりに

いかがでしょうか。以上が新鮮な野菜の選び方です。保存方法も書いておいたので、できるだけ野菜を長持ちさせられるように心がけましょう。

新鮮な野菜はそのまま食べてもおいしい主婦の味方です。スーパーなどに行ったときにぜひ役立ててください。

本記事は、2010年12月23日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る