\ フォローしてね /

ゆで卵のゆで時間と殻のむき方

このライフレシピのもくじたたむ

ゆで卵、美味しいですよね~!彩りにも使えるし、腹持ちも良いし、万能選手の代表ですよね!

今回はゆで時間と殻のむき方についてご紹介しましょう。

ハードボイルド?

半熟と固ゆで、どちらがお好みですか?お料理によっても固ゆでが良い場合、半熟が合う場合等あるので時間を覚えておくと便利です。

やり方

STEP1 お湯を沸騰させましょう

沸騰したら、静かにおたまなどを使って卵を必要個数ゆっくりとお湯に沈めていきます。

お湯で作ると殻が割れやすいという欠点もあるのですがあと後から殻をむくのが楽という利点もあります。

この時お湯に大匙1ほどの酢を入れると白身が固まりやすくなるのでお湯の中に白身が出ちゃうというのを防ぐ効果があります

STEP2 好みの固さに茹でましょ

5分  ようやく白身が固まるくらい。黄身はとろとろ。素手で食べるのにはかなり危険。でも…美味しい!!!シーザーサラダなどにお勧め。

7分  黄身の周りが少し固まりだします。黄身の真ん中はトロッといい感じ。素手で食べるには少し気を付けなければ。このままたれに付け込んでしばらく置くと美味しい煮卵に・・・

10分 黄身が固まっています。まだしっとりした感じは残っています。素手で食べても垂れることはないですが、ホロッと崩れるかも。卵サンドやサラダに切って入れるのならこれくらいがいいかもしれません。

13分 ハードボイルド。ミモザサラダなんかにはこの程度しっかり固いほうがよさそうです。

STEP3 好みの固さになったら冷水に

時間はしっかりタイマーで測りましょう。ゆであがったら卵を落とさないように気を付けながら湯切りし、冷水を注ぎ入れます。

必ずすぐに冷水にとってください。せっかくゆで時間を守ってもそのまま置いておくと余熱で加熱が進んでしまいます

冷水を入れたらすぐ水を捨てその鍋をフリフリして殻を割ってください。そこへまた冷水を注ぎ、熱を取っていきます。

手でもてる程度熱が取れたら蛇口の水で皮をはがすような感じでむくと簡単で綺麗に殻が向けます。

ある程度の固さのものだけに使えるむき方です。5分、7分のものでこのむき方をすると白身が割れてしまい黄身が垂れてきてしまうことがあるのでやらないほうが無難でしょう

おわりに

卵は良質なたんぱく質源でもあるので、朝ご飯に一つ茹で卵を追加するだけで1日がエネルギッシュに過ごせます!

色々な固さのゆでたまごで食事に彩りを加えてみるのも良いですね。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。