生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 苦手な同僚とも上手にやっていくコツ

苦手な同僚とも上手にやっていくコツ

2010年12月22日作成

 views

はじめに

毎日顔を合わせる職場の同僚。でも、誰とでも気が合って上手にやっていけるわけではありません。中にはどうしても苦手なタイプの人がいたり、異性と話すのは緊張してしまう、という方もいらっしゃるでしょう。

今回は、気の合う同僚はもちろん、どちらかといえば苦手と感じてしまう同僚たちとも上手にやっていくための3つのコツをご紹介します。

職場の誰とでも上手に接するコツ

STEP1:仲間意識を持つ

規模の大小を問わず、会社全体が一丸となって目標達成に向けて毎日努力しています。同じ部署や課の同僚たちとは、もっと具体的で共通の目標があることでしょう。

それで、同僚たちは力を合わせてお互い助け合いながら頑張っていくチームメイトなのだ、という意識をいつも持つようにしましょう。

自分の周りの半径3メートル以内の人とは、特に上手にやっていくよう努力しましょう。近くにいるということは、それだけ話をする機会も多いからです。

STEP2:しっかりコミュニケーションする

情報を共有できていれば、何かトラブルが起きた時にもスムーズに対応することができます。自分が急病などで休んでしまっても、他の同僚が対応してくれるでしょう。

逆に、自分一人で処理しようとして抱え込むと、他の優先度の高い仕事が後回しになり、全体の足を引っ張ってしまいます。あなたがいないと話が進まない、という状況を避けるためにも、コミュニケーションは重要です。

何事も「報告・連絡・相談」を心がけるようにしましょう。会話をすればするほど、お互いに親しくなることができ、信頼関係が築かれます。

STEP3:いつも感謝の気持ちを持つ

自分では気づいていないところで、同僚の誰かがあなたのミスをフォローしてくれたかもしれません。また、どのプロジェクトも同僚たちと協力してこそ成功することができたはずです。

今までのことを少し振り返るだけで、仲が良いか苦手かにかかわらず、自分の身近にいる同僚すべてに感謝の気持ちを持つことができるでしょう。

おわりに

職場では、それなりの人数が一緒に働くわけですから、個性の違いはあって当然、と考えるようにしましょう。ご紹介した3つのステップをおさえるだけで、どんな同僚とも上手にやっていけるでしょう。

本記事は、2010年12月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る