生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 自然なスキンシップの取り方【女性から男性編】

自然なスキンシップの取り方【女性から男性編】

2010年12月22日作成

 views

はじめに

相手のことは大好きだけど、どうしてもスキンシップが苦手!という女性もいらっしゃるでしょう。もっと自然に手をつないだり、腕を組んだりできたらいいのに…と思っておられるかもしれません。

そこで今回は、女性から男性に対して自然にスキンシップができるきっかけの作り方を含めて、自然なスキンシップのコツをご紹介します。

苦手でも大丈夫!自然なスキンシップのコツ

人込みを歩く時に腕を触る

自分から腕を組むなんて絶対に無理、という方でも、そっと腕に触れるくらいは頑張ればできるかもしれません。周りから見ても、しっかり腕を組んでいるとすこし「やり過ぎ」に感じられることもあります。

それで、人込みの中や初めて行くデート先などで、「人が多くてはぐれたり、迷子になったら困ると思って…」と言って、そっと彼の腕をつかんでみましょう。もしかしたら彼が手をつないでくれるかもしれませんね。

洋服の話題を振ってみる

別の方法は、彼が着ている洋服を話題にしてみることです。例えば、「すごく着心地良さそうな生地だね。ちょっと触ってみてもいい?」と聞いてから、二の腕のあたりや袖口などに少しタッチします。

もしくは、「この生地、すごく好きなんだ!綺麗だね」と言いながらそっと触るのも良いでしょう。話の流れの中で自然にスキンシップを図ることができるので、彼も周りの人も嫌な気持ちになることはないはずです。

呼びかける時もチャンス

彼に呼び掛ける時や、歩いて行こうとするのを止めたい時、自然な雰囲気で肩や腕にそっと触れてみます。意識し過ぎて強くつかんだり、引っ張ったりしないように注意しましょう。

ひとつ気をつけたいのは、彼の頭をなでないようにすることです。話の流れなどでついふざけて、「よしよし」などとしそうになるかもしれませんが、プライドが傷ついたと感じる男性もいます。

おわりに

女性の友人同士でも、時にはスキンシップを図ることがあると思うので、それと同じくらいの程度を心がけましょう。苦手な方は、女性の友人に対してスキンシップをしているのと同じような、気楽な気持ちでチャレンジしてみてください。

本記事は、2010年12月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る