生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 掃除が苦手な人のための部屋をきれいに保つコツ

掃除が苦手な人のための部屋をきれいに保つコツ

2010年12月22日作成

 views

お掃除が苦手な人は決して少なくないはずです。しかし、年末になり、できればきれい部屋で新しい年を迎えたいものですよね。そんなお掃除苦手さんのために、部屋をきれいに保つコツを紹介します。

目次

まずは見えるところをきれいにするために

ダンボールやかごをいくつか準備しましょう。そのダンボールやかごを目的別に分類します。

洋服入れ、文房具や小物入れ、生活用品入れ、ずっと使っていないもの入れなど用途を決めて、床や机にあるものをどんどん入れて、仮置きのような形にしましょう。ダンボールの場合には、何が入っているか、箱に書くようにします。

片付けられない人の問題点の多くは、捨てられないことです。できれば、えいっと捨ててほしいところですが、まずは、見えるところや部屋の中からきれいにして、掃除を苦手だと思う気持ちを失くすところから始めましょう。

毎日片付ける習慣を

毎日掃除をする・・・と思うと、疲れてしまいますが、まずは今日使ったものを今日しまうようにしましょう。そして、必要以上のものを置かないようにしましょう。

または、曜日によって、片付ける場所を決めておくのもいいと思います。1日で全部やろうと思うと、疲れてしまいます。また、忙しかったり、友達と会って飲んで帰ったりして、掃除ができないこともあると思います。

無理のない範囲で、この曜日にはここを片付けるというのを決めておけば、休んでも、前後1日ぐらいでなんとか調整をできます。

完璧にこなそうと思わない

100%きれいにしようと思うと、疲れてやる気がしなくなってしまいます。だいたいきれいになった段階で次に進むようにしましょう。今日の掃除は10分だけとか、なんとなくきれいになったらOKなど決めておきましょう。

長続きしない人は、このテレビの間だけ、見ながら掃除をする、履いているだけで掃除できるようなスリッパを履くなど、ながら掃除で飽きずに掃除ができるようにしましょう。

おわりに

いかがでしょうか。私も掃除はあまり得意ではありませんが、以上の方法で、部屋はきれいに保つことができています。試してみてください。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101222144902
  • 20101222145023

本記事は、2010年12月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る