生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 来た人みんなが楽しめるパーティーにするためのコツ

来た人みんなが楽しめるパーティーにするためのコツ

2010年12月22日作成

 views

お気に入り

はじめに

ホームパーティーは、誘われるのも自分で計画するのも楽しいものです。声をかける時に、今回ご紹介する3つのポイントを確認しておくと、家に来てから誰かが嫌な思いをしてしまう、という失敗を避けることができます。

全員が楽しめるように事前確認すること

ペットがいる場合

部屋の中でペットを飼っている場合、そのことを必ず全員に前もって伝えます。例えば、猫アレルギーのある人が、猫がいると知らずに来て具合が悪くなってからでは遅いのです。

アレルギーではなくても、犬や猫がとても苦手で、寄ってこられると怖いという人もいますし、パーティーをする部屋にハムスターや鳥類がいるだけでも気になる人もいるでしょう。

一番敏感な人に合わせてあげることです。気まずい雰囲気は、楽しいパーティーを台無しにしてしまいますので気をつけましょう。

座卓かテーブルか

ゲストの年齢層や普段の生活スタイルにもよりますが、座卓で床に座って食べるのか、テーブルと椅子で食べるのかを前もって伝えておくほうが無難です。

ひざが悪い人や足がしびれて正座が苦手な人もいるでしょう。逆に、小さいお子さんなども呼ぶ時は、大人と同じ高さのイスとテーブルでは食べにくくなってしまいます。

みんなが快適に食事やおしゃべりを楽しむことができるように、細かい点ではありますが事前に確認しておくように心がけましょう。

人数とメンバー

持ち寄りスタイルのパーティーの際は特に、何人集まるか、またメンバー構成を伝えておきましょう。そのときに、アレルギーのある人が分かっているならお互いに情報交換しておくことができます。

人数が多くなりすぎると、全員で会話することができなくなり、どの話の輪にも入れなくて寂しい思いをする人が出てきてしまうので、そのことも配慮して人数を考えましょう。

おわりに

このような小さな気遣いを前もってしておけば、計画する側も参加するゲストの側も最大限パーティーを楽しむことができ、「次もまた集まろうね!」ということになるでしょう。

本記事は、2010年12月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る