生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. パンツ・スラックスのアイロンがけのやり方&コツ

パンツ・スラックスのアイロンがけのやり方&コツ

2010年12月21日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

パンツ・スラックスにきちんとアイロンがかかってると足も長く見えますよね。でもパンツやスラックスのアイロンがけって意外に難しいですよね。

でも、きちんとしたコツや手順に沿ってかければ、誰でもキレイにかけれるんですよ。

是非アイロンがけのコツを掴んでくださいね。

アイロンがけの基本は裾に向かって一方通行

アイロンをかける前に、内側と外側の縫い目を合わせて、整形しておきます。

アイロンをかける時は股部分から裾方向へ向かってかけるのがパンツ・スラックスのアイロンがけの基本です。

アイロンがけの手順

裏返しにしてポケットの布からかけます。

手で形を整えてから底の縫い目の方からウエスト方向へ向かってかけます。

ウエスト部分を裏からかけます。

手で引っ張って形を整えてから、アイロンを横にかけていきます。ドライアイロンをかけて、次にスチームアイロンをかけるとシワがキレイになります。

ファスナー部分にアイロンをかけます。

表、裏、ファスナー部分の布を一緒につかみ、引っ張って形を整えてウエスト部分からあきどまりに向けて力を入れて数回かけます。

片足の内側を表に出して縫い目を合わせてからかけます。

両手で両側を引っ張り、内側と外側の縫い目を合わせてから、フロント部分の股からウエストにかけてかけます。

股下は縫い目にそって曲線にかけ、フロント部分は直線にウエスト部分をつかんで布を張ってかけるとキレイにかけれます。

ヒップラインをかけます。

股下からウエストにかけてヒップラインをかけます。縫い目に沿って丸くかけます。

わきの縫い目をかけます。

足の部分は、先にわき目の縫い目をかけます。必ず股部分から裾に向かってかけます。力を入れて数回かけます。

足部全体をかけます。

アイロンを中心の縫い目からフロント側にずらして、股から裾へかけます。次に後ろ側にずらし裾へ向かって力を抜いてかけます。

一度ずつ軽くかける事が大切です。反対も同じようにかけます。

おわりに

いかがでしたか?パンツやスラックスがシワだらけだと、いくら素敵な人でも、だらしなく見えちゃったり足が短くみえたりするものです。

パンツやスラックスもシャツ同様ピシっとアイロンがけが出来るように、何度も練習してみてくださいね。

本記事は、2010年12月21日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る