\ フォローしてね /

女性のキャリアアップ実現法

ただ日々業務をこなしていくのではなくキャリアアップをして有意義にオフィスの時間を過ごしたいと考えている女性は多いのではないでしょうか。

しかし何をしたらいいのかわからない、私には今の仕事以外何もできそうにないと思っている方もいるかもしれません。

そこで今回は「女性のキャリアアップ実現法」をお伝えします。

方法その1 自分の経験の棚卸をする

まずキャリアアップするためには自分が今まで何を経験してきたかを棚卸をする必要があります。

職歴に関してならアルバイトも含めて細かい内容まで振り返るのです。

例えば「営業事務」とだけ振り返るのではなく「電話応対、伝票整理、仕入れ業務、請求書発行…」など細かく振り返ることで自分は何を経験してきたかを具体的に知ることができるでしょう。

もし転職したいなら細かく振り返ることで今まで経験したことのない業種もチャレンジできる要素が見つかりキャリアアップに繋がる可能性が増えるかもしれません。
また細かく振り返る際、どの様な業務が好きだったか、得意だったか、評価されたかという内容も考えていくと自己分析にもなります。

方法その2 30代までは攻めの姿勢

キャリアアップを目指すなら、特に30代までは攻める姿勢が重要です。

現在の業務を日々こなしていくだけではなく、職場内で新しい提案をしたり、業務を円滑に進めていくにはどうしたらよいか改めて考えてみましょう。

また資格取得、転職に関しても新しい分野にチャレンジして自分の可能性を広げることに目を向けることも大切です。

方法その3 街を歩いてみよう

もし転職してキャリアアップをしたいなら、インターネットで検索したり派遣会社に登録するだけが転職活動ではありません。

是非、街を歩いて情報を収集して下さい。

例えば販売が希望なら、散歩がてら見かけたショップが求人募集の広告をひそかに貼っていることもあります。

育児中の方なら子供と散歩がてら店の中に入って求人を確かめたり、無料の求人雑誌をもらったりすることもできます。

おわりに

女性は結婚、出産、介護などプライベートな要素でキャリアアップが出来にくい時期もあります。

しかしその様な状況の中でもちょっと意識を変えるだけで、キャリアアップに繋がる行動ができるものです。

是非自分には何もないと思うのではなく、自分だからこそできることを目指してキャリアアップにチャレンジして下さい。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。