生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 「輝ける老い生活」のためにちょっと心に留めておきたい3つのポイント

「輝ける老い生活」のためにちょっと心に留めておきたい3つのポイント

2010年12月21日作成

 views

お気に入り

はじめに

「老い」というと身体的にも、能力的にも若いころよりも劣ってくるというマイナスイメージが大きい言葉だと思います。それでも、誰にでも「老い」はやってきます。

でも、ちょっと工夫をすることで、「老い」に嫌悪感を抱くのではなく、楽しめるようになります。今回は、そんなちょっとしたポイントをご紹介します。

老いってどんなこと?

老いるとは、外見的な変化もありますし、物忘れなどもあると思いますが、「老いを感じて、それを負い目に思い、自信がなくなる」ことこそが、老いではないでしょうか。

老いをうまく受け入れて、自信を持って生きている人は、とても魅力的ですよね。以下のポイントを心に留めておいていただけると、きっと、老いを感じても楽しく過ごせると思います。

愛すべきしわを増やしましょう

人間、生きていれば、重力には逆らえませんし、しみやしわなど、夢と希望に膨らんでいた風船が、しぼんでいくようで、悲しくなってしまうかもしれません。

でも、顔に刻み込まれるしわは、「味」のひとつです。生きてきた証です。無理に引っ張らずに、こんなところにもしわができたとか、こんな角度かなど楽しんでみてはいかがでしょうか。

自分のしわは気になりますが、上手にしわを増やしている方は、実は他人から見ると、憧れの的だったりするのです。

何かを愛でましょう

老後に向かって、どうしても誰かに「看てもらう」「迷惑をかける」「気を遣ってもらう」という存在になってしまい、「肩身が狭い」思いをする方もいらっしゃるかもしれません。

何かを愛でることは優しい気持ちを感じることができますし、世話をすることから、「頼られている充実感」を得ることができます。

植物、ペット、孫、好きな芸能人を作るなど、なんでもよいので、夢中になれる何かを探しましょう。もちろん、旦那様や奥様でもOK

笑いタイムを作りましょう

笑うことは、生涯を通じて、必要なことです。人それぞれ、笑いのポイントは違うと思いますが、1日に1度は、できれば、大笑いできる時間を作りましょう。

友人とたわいのないことをおしゃべりしてもいいですし、ゲームやスポーツ、お笑い番組を観るなどでもいいので、とにかく笑いましょう。

おわりに

自分の好きなことができ、笑顔でいる人は、どんなにしわがあっても、活き活きとして見えるものです。

ついつい「老いること」を悲観してしまうかもしれませんが、誰でも老いることを再認識し、少しでも楽しんで生きたいものですね!

本記事は、2010年12月21日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る