\ フォローしてね /

しじみ・あさり等の貝類の出汁を濃く引く取り方

このライフレシピのもくじたたむ

しじみ・あさり等の貝類はとてもいい出汁が出るため、和食ではみそ汁、イタリアンではボンゴレビアンコ等いろいろな料理で使われます。

でも、家庭で作るといまいち貝の出汁が感じられず「もっとたくさんの貝を使わなければいけないのかな?」など思ったことはありませんか?

それがちょっとしたひと手間で体感3倍(笑)の出汁感を感じる事ができるようになります。

貝類のだしを濃く引く方法

STEP1

貝をよく洗い、砂抜きされていない貝の場合は、暗所で海水程度の塩水に入れて砂抜きをする

STEP2

砂抜きした貝を冷凍庫に入れられる袋や容器(ジップロックや小さなタッパー等)に液体と一緒に入れて凍らせる

液体の例:みそ汁の場合は水を、ボンゴレビアンコの場合は貝を蒸すときに入れる分量の白ワイン少々。

STEP3

おのおのの料理に冷凍した貝をそのまま入れて使ってください。

おわりに

冷凍〜解凍時に貝の細胞が壊れる事によって効率よく出汁がでやすくなるというのが理屈のようです。

このほかにも冷凍で出汁が出やすくなるものがあるかもしれません、いろいろ実験してみましょう。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。