生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon health健康・医療

  1.  
  2.  
  3.  
  4. Hibワクチン(ヒブワクチン)が打てる病院の探し方

Hibワクチン(ヒブワクチン)が打てる病院の探し方

2012年05月01日更新

 views

お気に入り

Hibワクチン(ヒブワクチン)って?

Hibワクチンは、インフルエンザ菌b型(Hib)による感染症を予防するワクチンのことです。小児科の先生によると、世界100ヶ国以上で導入されていますが、日本ではようやく、2008年12月に接種が開始されたそうです。

このワクチンは任意の予防接種のため、自費負担となります。

Hibワクチン(ヒブワクチン)はいつ打つの?

Hibワクチンの接種回数は、接種開始時期によって異なってくると言われました。

  • 初回接種が生後2ヶ月〜7ヶ月未満の場合は計 4 回

  初回 4〜8週間の間隔で3回。
  追加 約 1 年の間隔をおいて、1回。

  • 初回接種が生後7ヶ月〜1歳未満の場合は計 3 回

  初回 4〜8週間の間隔で2回。
  追加 約 1 年の間隔をおいて、1回。

  • 初回接種が1歳以上の場合は 1 回のみ

Hibワクチンってどこで打てるの?!

3ヶ月検診が終わって、BGCの接種が終わると、まわりのママさんたちが急に「Hibワクチンどうする?」といった話をし始めると思います。

また、「ワクチン全然足りてなくて、半年待ちって言われちゃった!」なんていう話も出て、焦り始めるママも多いでしょう。

わたしも娘が 4 ヶ月のとき、近所で評判の小児科に電話問い合わせをしたところ「9ヶ月待ちです」と言われ、途方に暮れてしまいました・・・。

Hibワクチンを探して、とにかく電話を!

でも、1件問い合わせただけで「Hibワクチンって足りないんだ。打てないんだ。」と諦めるのは早すぎます。ご近所の病院、何軒にも電話して問い合わせてみてください。

困ってしまった方のために、わたしの実体験と、回りのママさんたちの体験談に基づいて、ワクチン予約のコツをご紹介します。

(1) 駅から遠い小児科に電話する

不便な場所にある病院のほうが、当然競争率も低くなります。

(2) 「○○小児科」ではなく、「○○内科」に電話する

看板に「内科」と書いてある医院には、小児科も扱っている病院が多くあります。競争率は「小児科」よりも低いです。

(3) 総合病院に電話する

ちいさな診療所よりも、総合病院のほうがヒブワクチンの1ヶ月の入荷数が多いそうです。大きくて有名な総合病院は競争率が高いですが、小さめでちょっと小児科はマイナーな病院が狙い目のようです。

経験談

何軒もの病院に電話で問い合わせて、我が家はちょっと駅から遠くて古い、おばあちゃん先生の小児科で無事に Hib ワクチンが打てました・・・ほっ。

ワクチンの費用は?

ヒブワクチンの費用は病院によって異なるそうです。我が家の場合、1回 8,000 円かかりました。いままでで 3 回接種しているので、合計 24,000 円、結構な出費です。

幸い、わたしの住んでいる自治体では Hib ワクチンの助成が始まり、1 回あたり 3,500 円の補助金が出ます。みなさんもお住まいの自治体に問い合わせてみてくださいね。

情報収集して、賢く育児しましょう〜♪

関連ライフレシピ

この記事で使われている画像一覧

  • 20100207182010

本記事は、2012年05月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る