生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 夫婦関係を良好に保つ方法&喧嘩した場合の対処法

夫婦関係を良好に保つ方法&喧嘩した場合の対処法

2010年12月20日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

夫婦とはいえ、長年一緒に居ると意見の食い違いや性格の問題色々ありますよね。もちろん、どっちが悪い等はあると思いますが、夫婦なので早めに解決した方が良いですよね。

私も主人と意見の食い違いで言い合いになる事もありますが、昔に比べたら、ずい分喧嘩はしなくなりました。

そこで、私が十何年の結婚生活で学んだ事を元に、夫婦関係を良好に保つ方法また喧嘩した場合の対処法を教えたいと思います。

夫婦関係を良好に保つ方法

お互い干渉しすぎたり束縛をしない事

何でもすぐ干渉されたり、束縛されるのは、付き合って間もない頃は「愛されてるから」と思ってポジティブに思ったりしますが、夫婦で干渉・束縛しすぎると信頼関係が薄れます。

夫婦で必要な事は信頼関係ですので、まずは相手を絶対信用する事です。疑ってかかってばかりいると、愛想をつかされる事もありますので気をつけましょう。

夫婦関係を良好に保つ方法はお互い打ち込める趣味を見つける事

一緒の趣味がある人は良いですが、お互いしたい事が違う場合でも、どちらかが趣味に打ち込むのではなく、どちらも趣味を見つける事が大事です。

一日主婦が家事ばかりして、帰りが遅い夫を待つだけの生活は、かなりストレスも溜まります。そんな時は家事をぱっぱと済ませて、スポーツでも何でも趣味の時間を作りましょう。

旦那様もストレスがない訳ではありません、お互いに「解放される自由な時間」を作る事が大切です。

短所を見つけるより長所を見つける努力をしましょう。

一度嫌な思いをすると、相手の悪い所ばかり見えてきて余計腹が立ってしまうので、日頃から相手の長所を見つける事が大事です。

口に出さなくても、日頃から長所を見つける努力をする事で感謝出来る様になりますし、相手にも伝わります。

夫婦喧嘩をしてしまった場合の対処法

上記の事を気をつけていても、ちょっとした事で喧嘩してしまい、気まずい雰囲気になる場合ってありますよね。

相手がたとえ悪くても、まず貴方から仕掛けて仲直りのきっかけを作ります。

相手が悪いんだから、相手が謝ってくれるまで許さないと思わずに、「もう怒ってないよ」アピールを態度で示すことです。

お互い腹が立ってると悪いほうも謝って気が済む訳がありません。

どうしても解決したいなら、普通に戻ってから「もうあんなことしないでね」と言いましょう。相手も理解し反省をして、二度と同じ事を繰り返さない様に気をつけるはずです。

夫婦喧嘩はベッドインで一発解決

相手を怒らせてしまってる場合、無理矢理にでもベッドに誘いましょう。

夫婦喧嘩は犬も食わない・・・そのことわざの通り、すぐに解決しちゃったりするものです。

おわりに

いかがでしたか?意外にも「そうかも・・・」と思われたのではないでしょうか?

ぜひ、参考にしていただいていつまでも夫婦円満でいてくださいね。

本記事は、2010年12月20日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る