生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 「品がいい」と思ってもらえる話の聞き方

「品がいい」と思ってもらえる話の聞き方

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

話を聞く時にも油断しない!

話を聞くというのは恋愛・友人関係・仕事、といったありとあらゆる場で行うことですよね。

品の良い話を聞き方を身につけておけば自分のレベルを格段にアップさせることにつながります。

今まで意識したことがないかもしれませんが、話の聞き方にも品の良さが表れます。ここではいくつかのポイントを挙げてみたいと思います。

ポイント1:相手の目を見る

これは基本です。

女性は「何かをしながら相手の話を聞ける」という能力があるので、ついつい何か別のことをやりながら話を聞いてしまうこともあるようです。

しかしこれはどんなに仲がよい相手でも失礼にあたりますし、決して品が良くありません。相手が話しているときは、必ず相手の目を見るようにしてください。

ポイント2:むやみやたらにうなずかない

コクン、コクン、と首を立てに振ってうなずくのは少々幼稚っぽい仕草になってしまいます。

話を聞いているというサインを相手に投げるのは大切ですが、むやみやたらにうなずく仕草は止めましょう。

海外の映画などで女優さんがやっている仕草をマネてみるのも手。目をゆっくりつむりながら少し首を斜めに動かすような仕草で「話を聞いている」というサインを出すシーンなど見たことがありませんか?あの仕草はとてもエレガントで女性らしいのです。

ポイント3:手の位置に気をつける

話を聞くとき、手先・指先を机の下に隠してしまっていませんか?「相手に手の内をみせる」という言葉もあるように、手を見せるというのは「心を開いている」というサインです。

カラダから少し離れた机の上に、ふわっと曲線を描くように包み込む感じで手を置きましょう。こうするととても品が良く見え、且つ相手の話もしっかり聞いているよというサインにもなります。

ただし、身体に近い位置で手を組むと「ガードしている」というように見えてしまいます。手と身体のスペースは余裕をもたせましょう。

photo by 足成

関連ライフレシピ

この記事で使われている画像一覧

  • 20110526155255
  • Handwrite noownr
  • Handwrite sl6mgf

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る