生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 夫婦関係をいつまでも良好に保つためのポイント

夫婦関係をいつまでも良好に保つためのポイント

2010年12月20日作成

 views

はじめに

結婚して何年経っても、子どもが生まれても、いつまでも夫婦仲良く過ごしたいですね。でも、どうしてもお互いへの不満がつのってしまうことがあります。そんな気持ちに上手に対処するためのコツをご紹介します。

不満を解消していつも仲良しでいるためのコツ

「妻が言うことを聞かない」という不満

一般的に、男性は判断力や決断力が優れているので、いろいろなことを客観的に見て、前に決めたことをすぐに変更することができます。

女性は、どちらかといえば慎重で、一つ一つステップを踏んでいかないと不安に感じるというタイプの方が多いかもしれません。夫が急に変更を決めた時、そのとおりにしたくない、と感じることもあるでしょう。

夫が何かを決める前に、いつも妻に相談してから決定すれば、妻の不安がなくなるので喜んで夫の決定の通りにしよう、と思えるはずです。対等なパートナー、大切な存在だ、ということをよく伝えるようにしましょう。

「夫が頼りないので期待できない」という不満

1つ目のポイントとは逆に、本来は夫が決めなければいけないことをしてくれていない、と感じる妻がいるかもしれません。自分が代わりに決定しなければ、と思ったり、夫に失望してしまうと、夫婦関係は悪くなります。

リーダーシップを取るのが苦手なご主人だったとしても、いつも努力していることを心から褒めて感謝すれば、期待にこたえたい、という気持ちになることでしょう。

妻も何かを決める前に、まず夫に相談してから決めるようにするとよいでしょう。自分だけで判断できるような小さなことでも夫に意見を求めるようにしましょう。

「相手のクセにはもう我慢できない」という不満

付き合っていた時は、相手の良い面ばかりが見えて、不満な点や自分と合わないクセは目に入らなかったかもしれません。結婚してしばらくすると、気に障ることばかりが見えてくることもあり得ます。

それで、相手の気になるクセばかりを見るのではなく、どうして自分が相手を好きになったのか、思い出すようにしましょう。今でも相手にはその良さがあるのです。欠点ではなく、尊敬できる長所を見るようにしましょう。

おわりに

完璧な人は誰もいません。時には不満がつのって、後悔するように感じることさえあることでしょう。でも、忘れないでください。何年経っても、相手はあなたにとってかけがえのない、大切なパートナーなのです。

本記事は、2010年12月20日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る