生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. スーパーでの買い物で気をつけたい3つのポイント

スーパーでの買い物で気をつけたい3つのポイント

2010年12月20日作成

 views

はじめに

主婦の方なら、毎日のようにスーパーを利用されているでしょう。スーパーでの買い物の仕方を意識するだけで、節約のチャンスはぐっと増えます。そこで、スーパーで買い物をするときに気をつけたい3つのポイントをご紹介します。

スーパーで無駄な浪費をしないコツ

「99円」「98円」「○個で○○円」にだまされない

下2桁が「99円」または「98円」になっていると、ぱっと見、安いように感じます。そこで1個多めに買ったりしてしまうと、レジで予想より支払額が多かった、という失敗につながるかもしれません。

また、よく見かけるのが「3個で200円」などのポップです。これも、見た感じまとめ買いがお得なように思えて、家にストックがあるのに余分に買ってしまう、ということが起こり得るので気をつけましょう。

商品ごとに、普段いくらで買っているか覚えておくようにします。まとめ買いしたほうがお得だと分かるときにだけ利用すれば、節約になります。

「割引」に注意する

「割引」と聞くと、節約の味方と思いがちですが、「2000円以上お買い上げの方は卵が10円」というスタイルの特売や、「5000円以上のお買い物をされた方は500円割引」というタイプの割引券は要注意です。

割引が適用される額まで買わなくてはと思い、特に必要ではないものまで買ってしまうと、これは節約どころか余分の出費になってしまいますので気をつけましょう。

レジに並んでいるときも要注意

ほとんどの場合、レジで数分並ぶことになります。レジの周辺には、食品から雑貨まで、ふと手に取りたくなるようなものが並べてあります。

時間があるので、どうしても順番に見てしまい、「季節限定品や新製品が出ている」と思ってかごに入れてしまう、ということもあるでしょう。毎回の買い物でこうなると、やはり浪費になってしまいます。

買い物リストを作り、必要なものだけ買ったら、だらだらと見て回らずに会計を済ませるようにしましょう。

おわりに

「ちりも積もれば山となる」ということわざは、節約に特に当てはまるでしょう。少しずつでもコツコツ続ければ、出費は確実に減りますし、少し油断して買い過ぎを続ければ、出費は間違いなく増えていくのです。

本記事は、2010年12月20日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る