生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4. クレジットカード使って資金繰りをする方法

クレジットカード使って資金繰りをする方法

2010年12月20日作成

 views

お気に入り

はじめに

多くの方が利用するクレジットカード。非常に便利なサービスです。しかし、この便利なサービスを完全に活用していない人はまだまだ多いようです。

よって、今回は、お得なクレジットカードの使い方を紹介したいと思います。

クレジットカードで行う資金繰り

今の一万円と未来の一万円?

少し難しい話になりますが、経済学においては、今のお金と未来のお金では同額であっても価値が異なるのです。

つまり、今の一万円>未来の一万円ということです。これだけではわからないと思うので、借金をイメージしてください。

あなたは今、一万円が欲しいので、一万円の借金をします。しかし、借金には利息がつきます。その利息を10%と仮定しますと、未来にあなたが払う金額は一万一千円です。

つまり、今の一万円は未来の一万円より千円分だけが価値が高いのです。しかし、その法則を無視できるのがクレジットカードなのです。

クレジットカードを使えば

クレジットカードの支払日は毎月決まった日に行われます。もし、先ほど述べた法則が当てはまるのならば、クレジットカードの支払日よりも前に利用した金額に関しては利息がつくはずです。

しかし、実際のところ一括払い(分割払いやリボ払いは別)では利息はつきません。不思議ですね。

詳しくは述べませんが、ここに利息がつかないのは、そうすることでクレジットカード会社が儲かるからです。

クレジットカードを使おう!

この利点を無視するわけにはいきません。たとえば、給料前に現金で支払わなければいけない場合があったとします。

しかし、それはあなたの支出スケジュールではお金が足りないのです。その場合は、お金を借りなければいけません。

しかし、もし、その普段の支出を現金ではなかく、クレジットカードで支払っていたのならば、お金を借りる必要はありません。

このように、クレジットカードを使うことによって無利子でお金を借りるのと同じ効果が得られるのです。

具体的例

現金払いしかできない場面に遭遇した場合に役立ちます。

  • 飲み会などの会費
  • 御祝儀、香典
  • 現金取引しかしていないお店での買い物

おわりに

意外とこのクレジットカードの基礎知識を知らない人が多いようです。もったいないので、是非、使いましょう。

あくまで当座のお金です。よって、返済義務のあるお金なので、無駄遣いをしたら意味がありません

本記事は、2010年12月20日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る