生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. おみやげで彼の家族に気に入ってもらう方法

おみやげで彼の家族に気に入ってもらう方法

2010年12月20日作成

 views

彼の実家へ行く、というとき、お土産を選ぶのも大変ですよね。

ポイントを押さえて、できるだけ喜んでもらえるものを選びましょう!

目次

ポイント1: 彼に好みを聞く

あたりまえのことですが、彼なら彼の家族の好みを知っているはずです。

知らない、という彼もいるでしょうが(私の夫がそうでした)、和食派か洋食派か、糖尿や高血圧の持病はないかくらいは知っているはずです。

「何がいいと思う?」という問いで答えを引き出せない時は、具体的に、キライなものがないか、食べてはいけないものが無いか、お花などの世話はすきかどうかというような聞き方をしてみましょう。

ポイント2: 初めてのとき、2回目以降

初めて彼の実家へ伺う時は、やはりお菓子をおみやげにしたいもの。洋菓子と和菓子、どちらが好きかを彼に確かめて、特に気に入っている店がないようなら、貴方が好きだと思うものでいいでしょう。

お菓子だと体重や健康を気にして毎回だと迷惑な場合がありますので、2回目以降は特にお菓子に限定せず、好きそうなもので、口に入るものを選びます。

松前漬けなどの漬物や、ちょっと変わった汁物の缶詰(ホテルのスープなど)や、果物、いつも飲んでいるお茶など。初回のリサーチで、好きなものや、お茶でも緑茶派か紅茶派かさりげなく聞いておきます。

私の夫の実家はプーアール茶を愛飲していて、これの丸茶が一番喜ばれます。住んでいる地方では丸茶になっているものはなかなか手に入らないようで、リクエストの電話をもらうこともあります。

相手の好みを踏まえて、少し驚いてもらえる要素が入っているものが最高ですね。

お正月なら御節の一品になりそうなオードブル、お雛様近ければあられなど、季節を意識したものも新鮮です。

ポイント3: 高級なものを少しだけ

量は少なくても良いので、普段、自分ではなかなか買わない上等なものを選ぶと喜ばれます。

訪問の回数が重なると、だんだん何を選んでいいかわからなくなってくると思いますが、いろいろ持っていくうちに何を喜ぶかわかるようになると思いますので、「定番のおみやげ」を決めても良いと思います。

おわりに

何を持っていっても、「喜んで欲しくて選んだ」という気持ちが入っていれば、伝わると思います。

どんなものが好きなのか、さりげなく話をふって彼のお母さんは何が好きなのか、相手の話をしっかり聞きましょう。

本記事は、2010年12月20日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る