生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. クレジットカードでしっかりポイントを貯める方法

クレジットカードでしっかりポイントを貯める方法

2010年12月19日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

最近は、どこのお店でも、スタンプカードやポイントカードを発行していますよね。財布が、お金よりもポイントカードでパンパン!なんてこともよくあります。

だけど、このポイント、あなどるなかれです。しっかり貯めれば、結構大きな額になります。

特に、クレジットカードを利用したポイントは、かなり大きいです。良いところでは、1%を超える還元率のところもあります。

そこで、クレジットカードを使った上手なポイントの貯め方と、おススメのクレジットカードを紹介したいと思います。

上手なポイントの貯め方

クレジットカードといっても、使用するのは、洋服など数千~数万円の買い物をしたときだけ・・・とか、ETCくらいしか使っていない・・・という方、けっこういらっしゃるのではないでしょうか。

それではもったいないです。生活のいろんなシーンでクレジットカードを活用して、しっかりポイントを稼ぎましょう。

公共料金の支払い

電気代・ガス代・電話代・水道代などは、すべて口座引き落としをやめて、カード払いにしましょう。

カードは不安と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、カード会社を経由して、同じように銀行口座からお金が落ちるだけなので、引き落としと何も変わりません。

毎月、必ず必要となるお金ですから、毎月、着実にポイントを貯めることができます。

もちろん、携帯代もカード払いにしておきましょう。携帯会社のポイントとは別に、クレジットカード会社のポイントも貯まります。

ガソリン代の支払い

ガソリンスタンドによっては、カード払いができるところがあります。大手のスタンドは、だいたい利用できると思います。支払いの際、必ず確認しましょう。

外食代

外食に行った際、支払いの時、「カードで払えますか?」と必ず確認し、使えるならカードで払いましょう。

友人などと数人で食事に行った際など、「私が先に、まとめて払っとくね」といってカードで支払いすれば、自分が使っていない分の金額もラッキーなポイントとして戻ってきます。

外食のときは、言った者勝ち。レジで確認をとったり、まとめて払う役を買ってでたり、控えめな人には難しいかもしれませんが、積極的にならなければ、ポイントはなかなか貯まりません。

普段のお買い物

最近は、スーパーでも、クレジットカードを利用できる店が増えてきました。普段の、食材や生活用品を買うだけの買い物でも、カード払いを利用できます。

日々消耗していく食材や生活用品。これにかかるお金が、毎月、けっこう大きな額になるのです。

これにカードを利用しない手はありません。スーパーでも、カード払いを恐れずに、どんどん利用しましょう。

カードで利用したレシートは取っておき、請求書で確認するまで捨てないようにしましょう。

現金のように、使った感覚がないので、つい使いすぎてしまうということのないよう、使用した金額は必ず書き留め、財布から抜いておきましょう。月末にすべて、カードのお金が引き落とされる口座に入れます。

おススメのクレジットカード

たくさんのクレジットカードが溢れている中で、ポイントが貯めやすく、さらに使いやすい、おススメのカードを紹介したいと思います。

楽天カード

言わずと知れた楽天が発行するカード。ポイントは、100円につき1ポイント。つまり、還元率は1パーセントです。

貯めたポイントは、楽天市場で使用できる楽天ポイントになります。幅広い商品を取り扱う楽天市場で使用できるので、もらって困ることのないポイントですよね。

それに、「100円1ポイント」「ポイントは、1ポイント1円分の楽天ポイントに交換」と、分かりやすいシステムなので、初心者の方が持つにはとても良いカードだと思います。

クレジットカードは年会費無料ですが、ETCカードは年会費525円が必要ですので、高速代に年間52500円以上使わない人にはおススメできません。

SBIレギュラーカード

100円につき1ポイント貯まる仕組みですが、10000ポイント貯めると、12000円還元されます。還元率が最高1.2%です。

しかも、嬉しいのが、現金で還元されること。ややこしいポイント制度と違い、現金還元で分かりやすくていいですよね。

また、クレジットカードも、ETCも、年会費は永年無料。こんな顧客想いのカードは、なかなか無いですよ。

おわりに

この低金利の時代。銀行に貯金したって、利息はほんの少し。なのに、普通に今まで現金で支払っていたものをカード払いに変えるだけで、1パーセントもポイントやお金が返ってくるなんて、嬉しいですよね。

でも、カードは使い方を間違えれば大変危険なものです。お金を使った感覚を忘れないよう、しっかり管理しましょう。

また、ネットショッピングなどで、怪しい相手の場合は、カード払いではなく、代引きを選んだほうが無難でしょう。

場面によって、賢く使い分け、しっかり貯めたポイントで、自分へのご褒美をかっちゃいましょう。

本記事は、2010年12月19日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る