生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon childcare育児・教育

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 手づくりだっこひもの作り方

手づくりだっこひもの作り方

2014年04月09日更新

 views

お気に入り

お出かけラクラク!母子手帳サイズのだっこひも

小さなお子さんのいらっしゃるかたなら、必ず使うのが「だっこひも」。

お店にいけば、エルゴやベビービョルンなど、いまは高機能のだっこひもが沢山売っています。でも、高機能だっこひもは、大きくてかさばるのが難点です!

そこで、小さくて携帯にも便利、さらにお財布にも優しい、手づくりだっこひもの作り方をご紹介します。

この通り、たたむと母子手帳とあまり変わらないサイズになります。

用意するもの

  • 布 2 枚 (80cm × 80cm)

表地と裏地になるので、可愛い色の組み合わせを考えてください♪
表は黒やグレーでシックに、裏地に派手な柄を組み合わせてもいいですね!

つくりかた

型紙を作る

新聞紙やチラシでかまいません。大きな紙をこのように切ります。
体格に合わせて、長さは調節してください。
(わたしは身長 167cm で 68cm で作りました)

布を切る

型紙を使って、表地 4 枚、裏地 4 枚の合計 8 枚切ります。

長いひも状に縫い合わせる

これで、長いひもが 4 枚でき上がります。

表地と裏地を縫い合わせる

チャコペンのしるしに沿って、アイロンで縫いしろを内側に折っておくと作業がキレイに進みます。

ひもが輪になるよう縫う

重なる部分は滑り込ませるとキレイです。これでタスキ状の布が 2 本できました。

2 本の輪が垂直に交差するように縫い付ける

太い部分同士、細い部分同士が重なるように気をつけて縫います。このとき、ばってんに縫うと強度が増します。

※太い部分が、赤ちゃんのおしりを支える部分になります。

だっこの仕方

ママの前側にばってんの大きいほう、背中側に小さいほうがくるように、だっこひもをかぶるように装着します。

赤ちゃんを抱っこして、大きなばってんの中央にくるようにおしりを入れ、足を横から出してあげます。

おでかけしましょう

できあがったら、さっそくお出かけしてみましょう。

出先でぐずったときにバッグからさっと取り出せて、これでだっこすればすぐに泣き止むでしょう。

このだっこひもを使えばママの両手がふさがらないので、お出かけのストレスも激減。太い肩ひもが、しっかりと赤ちゃんをホールドしてくれるので、肩こりにもなりにくいと思います☆

だっこひもをお気に入りの布で作れば、使うのが楽しくなります!苦痛でしかなかったお出かけ先でのだっこも、少し楽しくなりますよ♪

お互いの顔がよく見えるから、ママも赤ちゃんもニッコリ!

この記事で使われている画像一覧

  • 20100205185628
  • 20100205185514
  • 20100205184417
  • 20100205190507
  • 20100205190326
  • 20100205190920
  • 20100205191209
  • 20100205191454
  • 20100206173248
  • 20100206173342

本記事は、2014年04月09日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る