生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 浪費防止!クレジットカードを上手に使いこなすルール

浪費防止!クレジットカードを上手に使いこなすルール

2013年03月12日更新

 views

お気に入り

お金の管理が苦手な人は現金主義が好ましい

「なんでこんなにお金がないんだろう」「いつの間にこんなに使ったのかな・・・」

こんなことを思ったことがある人は要注意。お金をついつい浪費してしまう人はクレジットカードを利用している場合が多いですが、みなさまはいかがですか?

クレジットカードはとても便利ですが、お金の管理が苦手な人は極力使わない方がいいでしょう。しっかりと現金で管理する方が感覚的にも「お金を使ってる!」という感じがするので浪費を防ぐことができます。

ただ、そうは言ってもクレジットカードを全く使わず生活するのも最近では不便になってきました。高額の現金を持ち運ぶのも危険です。

そこで今回は、クレジットカードを使っても浪費することを防ぐ、上手に使いこなすルールをご紹介します。

クレジットカードを上手に使いこなすルール

ルール1:使用するクレジットカードは1枚だけにする

まず、使えるカードが増えると浪費する回数も増えると考えてください。下手すればAカードの代金をBカードのカードキャッシングで支払い、Bの代金をCカードのキャッシングで支払い・・・と多重債務の危機に陥ることだってあります。

また、カードによっては引き落とし日が違います。どの支払いをどの日までに入金しなければいけない等が分からなくなります。明細も1枚にしている方が、その月に使用した金額が明確になって便利です。

そんなわけでクレジットカードは1枚だけにしましょう。

「メインのカードはJCBだけど使えないお店があるから、その時用にVISAも持っておく」という補助的な2枚目だったらOK。この2枚のカードの引き落とし銀行は必ず同じ銀行にしましょう。

ルール2:返済は一括払い・ボーナス払いのみにする!

分割払いとリボ払いは利息がかなりかかります(ただし2回払いまでは手数料無料というカードが多いです)。

かかるしいつまでも借金を抱えている状態です。支払い方法は必ず一括払いで。ボーナス払いも、どうしても大きい買い物をしなくちゃいけない、という場合だけにしましょう。

ボーナスをもらえる前提で大きな買い物をして、結局期待の額のボーナスがもらえなかった、というケースだってあります。いろいろなことを想定して使用しましょう。

ボーナス一括払いをする時の注意点

ルール3:カードの利用金額は給料(手取り)の10%までにする

カードを使ったあとは出来るだけすぐに現金で自分に支払いを。毎回使った金額をきちんと把握し、その額は給料の手取りの10%までにするようにしましょう。

ルール4:ポイントサービスや懸賞の誘惑に負けない

「今月○万円カード利用すれば旅行が当たる!」「ポイント10倍デー」など、カード会社は利用してもらうために、利用額に応じて色々な特典を準備しています。

そのような誘惑に惑わされついつい買ってしまわないように気をつけましょう。結局、何も買わないのが一番得してる!というキモチを忘れないで。

ルール5:紛失、盗難時に備えて連絡先は携帯アドレスに入れておく

もしもカードを紛失してしまった、盗難された、という時のために、いつも持ち歩く携帯電話のアドレス帳などにカード会社の連絡先を登録しておきましょう。

さいごに

さいごにルールがあるとすれば、それは「上記のルールを守る!」というルールですね(笑)

ルールと言っても難しいものではなく、お金の流れをシンプルにすることが目的です。数枚のクレジットカードを使っている人はまずは1枚に絞ってみましょう。

クレジットカードを何となく使っている、という人は1度ご検討くださいね。

(Photo by Too Much Credit | Andres Rueda)

関連ライフレシピ

この記事で使われている画像一覧

  • 20100205152304

本記事は、2013年03月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る