生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 彼との楽しい会話をぶち壊す!電話の3つのタブー

彼との楽しい会話をぶち壊す!電話の3つのタブー

2015年03月03日更新

 views

お気に入り

はじめに

電話は、意中の彼と楽しく会話できる、大切なコミュニケーションの機会です。遠く離れていても時間を共有している、と思うだけで、嬉しくなるでしょう。

でも、顔が見えないだけに誤解も生じやすいものです。ほんの一言や声の調子で、楽しい会話がぶち壊しになることもあります。そこで、気をつけたい電話中のタブーを3つご紹介します。

楽しい会話をぶち壊しにしないためのコツ

気のない相槌を打たない

男性は、仕事のことなど自分の得意な専門分野について、じっくり話したがるものです。もしそれがあなたの関心のない、聴いていてつまらない内容の話だった時に、どのように相槌を打っていますか?

無意識のうちに、「つまらない」「早くこの話題が終わってほしい」という気持ちが、適当で無感情な相槌に表れていることがあります。それはかなりの確率で彼にも伝わってしまうので、要注意です。

興味のない話だったとしてもきちんと聞いて、内容を繰り返して確認したりするとよいでしょう。

負の感情を爆発させない

ふとした会話から喧嘩になることもあります。もしその時に感情のコントロールを失って、泣いて黙りこんでしまったり怒って電話を切ってしまうと、会話も雰囲気もぶち壊しになります。

女性が感情的になるのは仕方ありませんが、顔が見えない状態で負の感情を爆発させてしまうと、対面で話している時よりも傷が深くなることもあり得ますので、くれぐれも気をつけましょう。

後で謝罪のメールを送ったり、こちらから電話をかけ直して関係を修復するために、余分のストレスを重ねるだけで、全くプラスにはならないのです。

大切な話を電話で済ませない

二人の将来のことやお金のことなど、重要で気がかりなことを話したり、彼の本当の気持ちを知りたいときなどは、電話ではなく直接会ったときに話し合うようにしましょう。

その時に彼が見せる表情やちょっとした仕草で、どこまで真剣に考えているかがはっきり分かるからです。電話では、主に声の調子でしか判断できないので、難しく危険も伴います。

「大事な話があるので直接会ったときに伝えたい」と行ってしまうと、彼が気にして「今言って!」と言われることがありますので気をつけましょう。

おわりに

ほんの少し気をつけるだけで、楽しい会話をぶち壊しにすることなく、お互い幸せな気持ちで電話を切ることができます。「またかけたい!」とどちらもが思えるような会話ができるように、努力してみましょう。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101217102819
  • 20101217103540

本記事は、2015年03月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る