生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon health健康・医療

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. しゃっくりの止め方

しゃっくりの止め方

2015年02月23日更新

 views

お気に入り

しゃっくり。でて欲しくないのにでてしまう。止めたいのに止められない。なかなかやっかいなものですよね。

大事な会議中や、映画館の中など、どうしてもしゃっくりを止めたい時のために、確実にしゃっくりを止める方法をご紹介します。

突然のしゃっくりに困ったら…読んでおきたいしゃっくり記事はこちら!
しゃっくりのすべて

しゃっくりの止め方

STEP1. 肺に残っている息を吐ける限界まで吐き出す

「このくらいかな?」と思っても、案外肺に息は残っているものです。「ふーっ」と息を吐き続け、もうこれ以上吐けない、という限界まで吐き出すようにしましょう。

STEP2. 吸える限界まで息を思いっきり吸い込む

吐ききった後は、吸えるところまで吸います。これも、STEP1と同様、自分の限界を決め付けず、吸い込めるところまで吸い込みましょう。

STEP3. 止められる限界まで息を止める

そして、ぴたっと息を止めます。すると同時に、ぴたっとしゃっくりも止まってしまうのです

限界まで、と書きましたが、気持ち悪くなるまで我慢し過ぎないようにしましょう。自分の体調に合わせてとりいれてください。

これだけ?と思うかもしれません。しかし、これだけでしゃっくりが止まるのです。しゃっくりが止まらなくなって困ったとき、この方法をぜひ試してみてください。

それでも止まらなかった方は

もうひとつだけ、止め方をご紹介します。

しゃっくりは横隔膜の痙攣です。つまり、横隔膜をホールドすれば止まるということです。

そこで、腹式呼吸(胸ではなくお腹のほうに空気を入れて横隔膜を上下させる呼吸法)をおこない、横隔膜を自分の意志で動かすことが重要になります。

STEP1.立った姿勢から体を前屈させ息を吸う

そうすると、自然と腹式呼吸になります。お腹に空気をいれて、横隔膜を意識するように心がけてください。

STEP2.息を止める!

息を止めている間、横隔膜をホールドしている状態となります。痙攣している、その動きをおさえるということですね。

STEP3.息を止め続ける

しゃっくりが出る間隔以上の時間、息を止め続けます、これで、横隔膜の痙攣を完全におさえ、しゃっくりを止めることができます。

立ったまま複式呼吸ができる人はSTEP1を省いでもOKです!

こちらの方法は、慣れると100%の確率でしゃっくりを止めることができるようになりますよ。

しゃっくりの原因って?

そもそも、しゃっくりの原因って何なのでしょうか?

その原因は以下のように様々です。

  • 刺激物の摂取
  • 熱い物の摂取
  • 食物が喉に詰まった時
  • 激しく笑った時
  • 咳をした時
  • アルコール飲料や香辛料の摂取

また、習慣的なものも原因に挙げられるそうです。

  • 食事の不摂生
  • ストレス

このように、原因は様々で、予防することはなかなか難しそうです。

しゃっくりが出てしまった時に、上手く止められる方法は知っておきたいですね。

しゃっくりが長く続く場合は、何かの病気が原因になっているかもしれません。お医者さんに相談してみましょう

おわりに

しゃっくりの止め方は、迷信めいたものから、現代的なものまで様々あります。

著者はこの方法で、確実にしゃっくりを止められるようになったので、しゃっくりに悩んでいる方は、是非この方法を試してみてください。

関連ライフレシピ

(photo by http://www.flickr.com/photos/thomchandler/5063528078/)

この記事で使われている画像一覧

  • 20101222142031

本記事は、2015年02月23日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る