生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. もらってうれしいお歳暮の選び方

もらってうれしいお歳暮の選び方

2010年12月16日作成

 views

12月に入り、年の終りが見えてくると、とたんにいろいろ忙しくなってきます。年賀状の準備や、大掃除、お歳暮もこの時期特有のものですね。

中でも目上の方へ贈るお歳暮の選択には、大変気を遣いますし、なかなか難しい作業だと思います。面倒なんて思ってしまいがちですが、お歳暮は一年間の感謝を込めて、もらう人の気持ちになって選ぶことが大切です。

今回は、そんなお歳暮の選び方について、ポイントを挙げてみたいと思います。

目次

デパートを利用する

最近は、西友イオンイトーヨーカドーなど大手のスーパーでもお歳暮の取り扱いを開始しています。CMで目にしたり、早期割引などでお得感もたっぷりです。

それほど気を遣わない間柄でしたら、上記のようなスーパーの利用も問題ないと思うのですが、目上の方へのお歳暮の場合、多少値引き額が少なくともデパートで商品を選ぶことをオススメします。

なぜなら、商品を包装している包装紙や、宅配便の送り状などで、どこで購入したかがわかってしまうからです。

年配の方には特に、デパートのブランド力の影響が強いため、デパート利用がオススメです。

住んでいる地域にデパートがない、なんていう人も安心してください。インターネットショップを利用すれば、簡単に注文できちゃいます。参考までに、高島屋・伊勢丹・東急百貨店のHPを以下に記載しておきます。

高島屋オンラインモール
伊勢丹オンラインショッピング
東急百貨店ネットショッピング

食品・消耗品を選ぶ

お店は決まったけれど、さて次は何を贈るかが問題です。趣味に走ったものやセンスが必要とされるものは避けた方がよいでしょう。食べ物や洗剤など、好みを選ばず消費できるものが無難です。

個人的には洗剤はあまりに味気ない気がするので、食品の方が贈りやすいようにも思います。

地域の特産品を選ぶ

食品を贈る際に、どんなものを贈るかでまた悩むこともあると思います。そんな時は迷わず地元の名産を贈ってみてください。

同じ地域に住んでいる人へ贈る場合でも、知っているとは限りません。オススメがあれば贈ると喜ばれます。

東京だとなかなかコレという地域の特産品がないのですが、その分様々な分野の特産品に出会えます。自分でいいと思った地域のものを贈るのもありですね。

食品に迷ったら特産品を選んでみましょう。

おわりに

最近では、お歳暮を贈る習慣も減りつつあるとききますが、年に何度もあるわけではないので、ぜひ相手を思って素敵なお歳暮を選んでみることをオススメします。

遠く離れている人には特に、状況伺いも兼ねて贈ってみてはいかがでしょうか?

本記事は、2010年12月16日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る