生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. ズボラでもこれならできる!部屋をちらかさない方法

ズボラでもこれならできる!部屋をちらかさない方法

2013年03月08日更新

 views

お気に入り

はじめに

気が付いたら、散らかっている部屋・家…キレイな部屋で気持ちよく過ごせたらどんなにいいか!と思っている人も多いのでは?

そこで今回は「部屋をキレイに保つコツ」を3ステップでご紹介します。

STEP1: 床に物を置かない

最近は掃除機ロボット「ルンバ」が有名になりました。テレビ等でも、「ルンバを使うため床に物を置かなくなったら、それだけで部屋が片付いたような気がした」という声を聞きます。

部屋をちらかさないようにする最初のステップは、「床に物を置かない事」です。これだけではまだちらかっているように見えますが、少なくとも床は広々使えます。

STEP2: 箱に入れる

次のステップは「箱に入れる」です。ただ入れるだけではなく、何種類かに分類しましょう。

分類のポイントは、「そこでよく使うもの」です。たとえば「ベッド周りでよく使うもの」、「テーブル周りでよく使うもの」等です。

「リモコン」「化粧品」等での分類は、片付けの苦手な方にとっては、細かすぎて結局面倒になりがちです。分類なんて最初は大雑把で良いのです。

STEP3:押し入れに入れる

「今使っていないもの」は、どんどん押し入れに入れてしまいましょう。ポイントとして、押し入れに入れる対象は、「今」使っていないもの全てです。

入れる順番は、今後使う可能性の低い順番に入れていきます。こうすることで、「後で使うかも」という心配を拭う事ができます。

たくさん押し入れに入れてしまうと、何がどこにあるのか後々わからなくなることがあります。そのために、紙にだいたいの収納位置をメモしておくことをオススメします。

自分が分かれば良い、という気軽な気持ちで、押し入れ全体の簡単収納位置図を書くと、いざ物が必要となったときに大変便利です。

おわりに

後で片付けようとすると、非常に面倒な作業になってしまいます。今、面倒な気持ちを抑えて元の位置に戻せれば、後になって面倒な片付けをしなくてすみます。

大事なのは、「元の位置に戻す」作業を、できるだけ面倒にならない形にする事です。

3つのSTEPのうち1と2は、さほど面倒ではないと思います。STEP1は床にさえ置かなければいいですし、STEP2だって、手を伸ばせばすぐ「箱」があるようにしておけばよいのですから。

こうしておけば、月1回でも1シーズンに1回でも、おおげさな片付けはほとんどしなくてよくなり、STEP3もたいした作業ではなくなります。

みなさんも、この記事を参考に、部屋をちらかさない生活を実践してみましょう!

この記事で使われている画像一覧

  • 20101215214558

本記事は、2013年03月08日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る