生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 佃煮&チーズ&バターの奥深いコク…純喫茶風「のりサンド」の作り方

佃煮&チーズ&バターの奥深いコク…純喫茶風「のりサンド」の作り方

2017年07月12日作成

 views

こんにちは、料理研究家の河瀬璃菜です。いま、昔懐かしい「純喫茶」のノスタルジックで温かい空間が、若者にも人気となっているのをご存知でしたか?

今回は、自宅でも簡単に純喫茶の雰囲気を味わえる、シンプルだけど癖になる「のりサンド」のレシピを紹介します。

材料(2人分)

  • 食パン・6枚切り(8枚切りでも可)…4枚
  • 海苔の佃煮…大さじ2
  • スライスチーズ…2枚
  • バター…1かけ

作り方

STEP1:海苔の佃煮をパンに塗る

食パン2枚を並べ、スライスチーズを乗せます。

その上に、海苔の佃煮を耳のほうまで丁寧に塗ります。

海苔の佃煮は均等に塗り、味にムラが出ないようにしましょう。

STEP2:トースターで片面を焼く

海苔の佃煮を塗った上に、それぞれ食パンをもう1枚重ねます。

食パンの片面だけを200度のトースターで4~5分、こんがりときつね色になるまで焼きます。

両面を焼いてしまうと、重ねた際にくっつきづらくなり、剥がれてしまいます。トースターが両面焼きの場合は、片面をアルミホイルで保護してください。

STEP3:バターを塗って重ねる

焼いていない片面にバターを塗り、バターを塗った面同士を重ね合わせます。

バターは常温に戻し、柔らかくしておいた方が塗りやすいです。

STEP4:半分に切って完成!

食パンを軽く押さえて半分に切り、お皿に盛り付けたら出来上がりです。

海苔の佃煮とバターが糊のような働きをしてくれるので、専用の機械がなくてもホットサンドのようなサンドイッチを楽しむことができますよ。

海苔の佃煮&チーズ&バターのコクが癖になる!

実際に食べてみると、海苔の佃煮とチーズ、バターのコクが一体となり、一度食べたらやみつきになる味わいです。

東京・神田の名店「珈琲専門店エース」のメニュー、のりトーストからインスパイアされたこちらのレシピ。本家では焼き海苔と醤油を使っていますが、海苔の佃煮を使うことで簡単に一味違ったおいしさが楽しめますよ。

冷蔵庫に海苔の佃煮があまっていた際にも、ぜひ作ってみてはいかがでしょうか。

レシピ制作者

河瀬璃菜 りな助(料理研究家・フードコーディネーター)
1988年5月8日生まれ。福岡県出身。

レシピ開発、商品開発、レシピ動画制作、企画執筆、編集、イベントメディア出演、料理教室など食に纏わる様々なお仕事をしています。

時短、ズボラ、ねと飯系が得意。料理ができない人でも作ってみたくなるレシピを提案します。

著書「ジャーではじめるデトックスウォーター」「決定版節約冷凍レシピ」「発酵いらずのちぎりパン」など。

Blog:http://lineblog.me/linakawase/
Twitter:https://twitter.com/linasuke0508

(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 75cfe701 8345 43ec b3c3 6c81e38a1e83 thumbnail
  • Ee4c8bc1 d873 4e76 b7c2 7bc2ff9aac86 thumbnail
  • 1d77a40d f6db 4498 ac13 9366e3dc12ff thumbnail
  • 3e0c32d2 989a 4691 a6c4 22b2b0af2b5a thumbnail
  • B667c114 211e 4af8 9eb6 a1e720ffd051 thumbnail
  • 6aacbdfa a44d 46c4 8296 5d45333c98e5 thumbnail
  • 7e69fc28 3252 422e 9a18 b4d0b6115590 thumbnail
  • B48fd118 7d12 4c50 8d33 04412727f60a thumbnail
  • 0d15b42e afb9 4ed3 b072 bf1cda7e5613 thumbnail
  • 0925dd4d 7f57 4cb7 a779 d6edcfb79d65 thumbnail
  • 0bd72119 c0ea 4ab8 8356 4ec7a255f299 thumbnail

本記事は、2017年07月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る