生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 香りが”美味しい”!プレゼントにもオススメ「デザートティー」の魅力

香りが”美味しい”!プレゼントにもオススメ「デザートティー」の魅力

2017年04月20日作成

 views

お茶は好きですか?フルーツティーショップのイケメン販売員だった過去を持つnanapi編集部ソルティーです。いまも日々の疲れをハーブティーや紅茶で癒すのが至福の時間…。

そんなわたくしが最近ふと耳にした「デザートティー」という聞き慣れないお茶の名前。おしゃれなネーミングに惹かれて早速取り寄せて飲んでみたところ、甘い香りが広がって、本当にデザートを食べている気分にさせてくれました!

これからのティータイムにきっと取り入れたくなる「デザートティー」についてご紹介します。

新しいお茶のカテゴリ「デザートティー」とは?

デザートティーは素材から自然な甘さを抽出して、デザートを食べているような気分を味わえる紅茶やハーブティーのこと。

日本にはまだ浸透していませんが、アメリカでは5つ星ホテルや有名レストランで取り扱われるなど、新しいお茶のカテゴリーとして近年注目が集まっています。

本物の素材が入っていて茶葉が可愛い

今回、実際に試してみたデザートティーがこちら!カリフォルニア発のお茶ブランド「アートオブティー」のデザートティー。

シンプルでスタイリッシュなパッケージなので、男女問わずプレゼントにも喜ばれそうですね。

「アートオブティー」のデザートティーは現時点(2017年4月20日)、全8種類。「オーガニック アップルパイ、オーガニック アールグレイクレーム、レモンメレンゲ、バニラベリートリュフ、チョコレートモンキー、オーガニック ヴェルベットティー、オーガニック ココナッツカカオプーアール、ダークチョコレートペパーミント」

「アートオブティー」のデザートティーで一番人気だというオーガニック アップルパイを選んでみました。中の茶葉を出してみると、茶葉以外に素材がゴロゴロと入っています。

茶葉に香料で香りを付けただけのフレーバーティーと違い、本物のドライフルーツやスパイスなどの素材が入っています。そのため、ほのかな甘みも楽しめるわけですね!

デザートティーを試してみました!

STEP1:バランスよく淹れよう!お湯&茶葉の量

お湯と茶葉を用意します。お湯の量は180ml×人数分、茶葉の量は1人2.8g~3gを目安にしましょう。

2人分の場合、茶葉は約5gにしましょう。単純に計算すると、2人分は「2.8g~3g×2=5.6g~6g」ですが、茶葉は人数が増えるにつれて10~15%くらい徐々に減らしても大丈夫です。

茶葉がバラバラに散らからないように、専用のティーバッグに入れると処理もらくちんです。

量はそこまで厳密にしなくてもいいのですが、デザートティーの種類によってはナツメグやチョコレートといった大きな素材も混ざっているので、重さに対して茶葉が少なくならないようにバランスよく調整しましょう。

STEP2:お湯の温度&蒸らす時間

お湯を入れて温めておいておいたポットにティーバックを入れて、適量のお湯を注ぎます。

お湯の温度は好みによりますが、デザートティーを入れるときにおススメなのは97℃。沸騰したお湯を、一息置いた温度ですね。

また、せっかく調整したお湯の温度が下がらないように、ポットは先に温めておきましょう。

お湯を入れて待つ時間は、オーガニック アップルパイのようなハーブティーベースだと5~7分

蒸らしたらコップに注ぎ入れて完成です!

お湯を入れて待つ時間は、オーガニック アールグレイクレームのような紅茶ベースのものなら3~5分がおススメです。

もし抽出しすぎて渋くなってしまったら、牛乳を加えてミルクティーにすると美味しく飲めます。

試してほしい!デザートとの極上マリアージュ

そのまま飲むだけではなく、デザートティーは素材に合ったデザートとのマリアージュを楽しむのが醍醐味なんです!

例えば、紅茶ベースのオーガニック アールグレイクレームなら、その名の通り“クリーム”を使ったデザートがぴったり合います。

シュークリームを食べてからデザートティーを飲んでみてください。シュークリームの甘さとデザートティーの香りがブレンドされて、とろけるように口いっぱいに広がります!

デザートの種類や甘さによって、デザートティーにブレンドされているフルーツやハーブがより引き立つので、違った味わいが楽しめます。ぜひ色々なデザートと一緒に試してほしいです!

飲み終わった後の出し殻は、紅茶豚やジャムの香りづけにも使えます。

人生が豊かになる。奥深きデザートティーの世界

デザートと合わせてもよし、寝る前の口さみしい時に楽しんでもよし、お茶会で振舞ってもよしのデザートティー。

マリアージュフレールやTWGなど、すでに日本に上陸しているプレミアムな紅茶はたくさんありますが、オーガニックタイプのものはまだ少ないのが現実。

人工香料をほとんど使っておらず、パッケージもかわいいのでかなりおススメです。わたくしは早速、癒しのお茶タイムに取り入れることを決めました。

手軽なティーバッグタイプもあるので、プレゼントにも◎

Twitterで紹介!

(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 01e5d70c 0d50 4cd9 a485 7d03ddbbc925 thumbnail
  • 635acaf5 ea62 45be 9799 837ea4383ab3 thumbnail
  • D857590c b51d 4523 a791 0362780138b4
  • Bb9182e5 a870 4056 87a4 a96934f68867 thumbnail
  • B4329cd2 9c96 4e0c 9f9f a02b83491826 thumbnail
  • 68afe928 69c7 4079 b920 5304e47f919f thumbnail
  • 1c13ef94 9ef9 4c1e 9814 2be0ad118c08 thumbnail
  • F5db2d34 a9d3 4273 8fc3 361a52f91318

本記事は、2017年04月20日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る