生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 水分、ホコリ、汚れから靴を守る!「無印良品アイテム」を使った“かしこい”収納術

水分、ホコリ、汚れから靴を守る!「無印良品アイテム」を使った“かしこい”収納術

2017年01月24日作成

 views

靴を劣化させる3大原因をご存知ですか?以前、靴のプロである「銀座ワシントン」銀座本店のショップマスター・小根山裕人さんに伺ったところ、それはずばり「水分」「ホコリ」「汚れ」であることが発覚。

つまり、この3点に気を付けて手入れ&収納をすれば、靴の寿命を最大限に伸ばすことが可能なんです!

今回は実際に、シンプルで機能的な「無印良品」のアイテムを使って、靴のプロに教わった収納術を実践しながらご紹介します。

収納前の「湿気対策」

その1:専用クロスで水気&汚れを拭き取るクセを

使用アイテム

靴が濡れたり、汚れたりしたらすぐに拭き取る習慣をまず身につけましょう。

この「くつみがきクロス」は本来、靴のお手入れの際に、クリームを塗り伸ばしたり、みがいたりするときに使う商品ですが、雨に濡れたり、泥汚れが付いたときに軽く拭き取るのにも適しています。

手のひらサイズなので、洗面所などで洗って干しても邪魔にならず、外出時にも持ち歩きやすいですよ。

専用クロスを持つことで、靴を拭く習慣をつけましょう!1日履いた後や濡れたとき、すぐに拭くクセをつけると長持ちします。

2:使って損はないシューキーパー

使用アイテム

靴の収納時には、汗や蒸れによる湿気を逃がすことでカビを防ぎ、靴の変形を防ぐために「シューキーパー」を使うのがオススメです。

革靴を履く男性が使っているイメージの強い商品ですが、無印良品では女性向けに23~25cm用のアイテムも取り扱っています。

使われている“レッドシダー”という天然木には、防虫・消臭効果があるといわれ、欧米では昔からよく使われています。プラスチックなどの人工素材に比べると除湿効果も期待できますよ。

甲高に成形されているので、靴に隙間なくフィットし、実際に足を入れた状態に近い形で保管できます。

サイズだけでなく横幅も大きすぎないかチェック!不安があれば店員さんに聞きましょう。

収納前の「ホコリ対策」

その1:シューズバッグ&箱に入れて密閉性UP

使用アイテム

靴の収納といえば、玄関の靴箱に入れておくのが当たり前。しかし、玄関という場所は、雨に濡れた他の靴やカサなども一緒に置かれたりして湿りがち…。

もし、より大事に収納したいお気に入りの1足がある場合は、水気や汚れを丁寧にふき取って、買ったときにもらった箱に入れて保管するといいでしょう。

また、靴の汚れとなるホコリは、空間が広くなればなるほど舞い立ちやすくなるので、シューズバッグに入れて、さらに箱にしまうと影響が少なくなります。

専門のシューズバッグではなくても、無印良品で売られている「オーガニックコットンマイバッグA4」はタテヨコ36×31.5cmと靴を入れるのにちょうど良いサイズ。さらに税込み190円とリーズナブルなうえ、洗濯機で丸洗いできるので遠慮せずに使えますよ。

基本は箱に入れて保管!さらにホコリが気になるならバッグを使おう。

その2:箱がない!そんなときは代わりに収納ボックスを

使用アイテム

靴を買った際にもらった箱がもう見当たらない、捨ててしまったという方も、それに代わる収納ボックスを用意すれば心配ありません。

無印良品の商品だと「ダンボール・引出式」がオススメ。ダンボールはある程度の強度があり(この商品の場合、引出1段あたりの耐荷重:約2kg)重ねることができて、紙特有の通気性があるため水分や湿気を逃してくれるので重宝します。

内寸は幅23.5×奥行34.6×高さ14cmと、靴1足に対して十分な余裕があるので、シューズバッグを併用したり、いらない布や新聞紙で靴全体を覆ったりしてホコリを防ぎましょう。

また無印良品では、ラタンや竹、ヤシの繊維で作られたブリ材など、靴の収納にも使える様々なタイプのバスケットが商品展開されています。

通気性ならラタン、密閉性なら竹材とそれぞれ長所があるので、お部屋が湿っぽいなら前者、ホコリっぽいなら後者といったように使い分けても良いでしょう。

しっかり対策すれば長く履ける!

何度も言いますが、靴の大敵は水分と湿気なので、しっかりと水気を拭き取る、収納時はシューキーパーを使って靴そのものを広げてあげる、といった対策が有効です。

また、風通しの良い場所に置きましょう。玄関ではなく室内に置きたい場合は、インテリアとのバランスを見ながら収納ボックスを使い分けてみるのも◎。逆に、乾燥によるホコリが気になる方は、バッグや布で靴をくるんでから箱にしまうようにしましょう。

たとえ靴を収納していても、もし変化が目立つようなら購入されたお店かメーカー、あるいは靴の修理店に相談してみることをおすすめします。

(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 41129d5d 320c 4a9a a155 ae251bc4a811 thumbnail
  • C1b0d513 ad97 45fb a6f8 557345aac6ff thumbnail
  • E798d948 f850 46d6 879e 66ea95ba1771 thumbnail
  • 4157a6ce b2dc 4ce7 8a5f 06dc466d393b thumbnail
  • 8d67656a ca85 4009 89b9 1b988a61e9d7 thumbnail
  • Fb8c89d7 e78a 4548 91b7 433e44d234f3 thumbnail
  • 41129d5d 320c 4a9a a155 ae251bc4a811 thumbnail
  • 0e68093b 7b58 4a45 8edd 64b2b742069f thumbnail
  • 84dbad28 066a 4476 b8a4 a0de00ffa14d thumbnail
  • C2f72297 7123 45cb abf8 aa264006ba83 thumbnail

本記事は、2017年01月24日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る