生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 【2016年版】渋谷のハロウィンをもっと楽しむ方法~着替え場所からゴミ捨て場まで~

【2016年版】渋谷のハロウィンをもっと楽しむ方法~着替え場所からゴミ捨て場まで~

2016年10月28日作成

 views

近年、ハロウィンをイベントとして定着させようという動きが目立つようになって来ましたね。

そうした動きを代表するように注目を集めるようになったのが、渋谷のスクランブル交差点を中心としたハロウィンの盛り上がりです。

現在では、たくさんの人が自由に参加できる環境が整い、地域の一大イベントとして毎年話題を集めるようになりました。この時期だけの各店舗の限定商品やグルメ、歓楽街の練り歩きなどでも人気を集めています。

目次

渋谷のハロウィンについて

渋谷でのハロウィンの盛り上がりは2014年ごろから本格的に始まり、仮装してスクランブル交差点やその周辺エリアのイベントに参加したり、様々な形で楽しむことが出来ます。

参加者や協賛するお店も増えており、年々大規模なイベントになりつつあり、これからも長く定着させていきたいと考えている方も多いのですが、過去のイベントの様子を見て、あまり良い印象を持ってないという方も多いと言われています。

悪い印象を持っているという方の意見には、マナー違反を犯す人が非常に多いという意見が見られます。

例えば、交差点にゴミが散乱したり、周辺の公衆トイレを占拠して着替えを行ったりと様々な問題が一部ニュースや新聞でも伝えられ、これ以上問題が大きくなれば結果的にイベント自体が規制されるのではと心配の声も上がっています。

そうした事態に陥らせないためにも、全員がルールを守る意識を持って楽しみましょう。

決まったルールはあるのか

様々なルール違反が指摘されている渋谷のハロウィンですが、そもそも明確なルールがあるのかというと、元々公式に行われていたイベントではないという背景があり、明確なルールは存在しません。

社会的なモラルや公共のルールにのっとり、周囲のお店や参加者に迷惑をかけないという一般的な意識があるだけだったといいます。

そのため様々な混乱を呼んだわけですが、過去の反省も考慮して、現在では渋谷の方がゴミ箱や参加者の案内を行うなど、マナーを守った上でイベントを楽しむことが出来るように様々な取り組みを実践しています。

渋谷でのルールは基本的なものばかり

  • ゴミをその場に捨てずにきちんと処分する
  • イベントに参加していない方には迷惑をかけない
  • トイレを利用する際は着替えに使用しない

といった、普段でも守るべきルールがほとんどなので、お祭りの勢いに身を任せなければ十分に守れる内容です。

また参加者同士でルールを守るよう声を掛け合うなど、イベントを無事に終わらせるためにも、全員でマナーを守る姿勢を見せることも重要です。

ゴミはきちんと処分して

ハロウィンの期間中は渋谷に限った話ではありませんが、どのイベントもゴミの問題には特に敏感になっています。

路上や公共の施設を使ったイベントでは、終了後にどれだけゴミが残っているかで、今後の評判が大きく左右されるので、少しでも良いイベントと参加していない方にも感じてもらうためにも、ゴミはきちんと処分するようにしましょう。

東京都も渋谷区と連携してエコステーションを設置しているので、積極的に活用しましょう。

具体的な回収場所は以下の通りです。渋谷の名物となっているハチ公前や西武渋谷店A館前、東急百貨店前などにあります。

渋谷「エコステーション」

  • 日時:10月28日(金)、29日(土) 16:00~23:00
  • 場所:渋谷ハチ公前
  • 西武渋谷店A館前(井の頭通り側)
  • 宇田川交番前
  • 東急百貨店前(※10月28日、29日 21:00~23:00)

イベント後のゴミ問題については、イベントの主催側でも大きな問題として取り上げており、協賛している店舗と合同でゴミ袋を配布してゴミ拾いを行おうというキャンペーンを実施しています。

東京都も昨年に続き、ハロウィン仕様のカボチャのごみ袋を用意し、28日と29日の2日間にわたって配布するので、楽しみながらゴミ拾いに協力できますね。

カボチャのごみ袋 配布

  • 日時:10月28日、29日 12:00~23:00
  • 場所:モヤイ像周辺
  • 渋谷マークシティ前
  • 宮益坂下周辺
  • 渋谷109・1階正面入り口 エレベーターホール(※29日 13:00~20:00)
  • ローソン・渋谷区井の頭通/渋谷センター街西店/渋谷ランブリングストリート店(※10月28日、29日 7:00~なくなり次第終了)
  • タワーレコード渋谷店(※10月28日、29日 10:00~なくなり次第終了)

ボランティアによる清掃活動は、渋谷区でも管理しているため、区の担当者に事前に申し出るとスタッフとして登録されます。実際に若い方が多くボランティアに参加し、街の清掃に当たっていることはイベントを今後も継続していくうえで大切な行為です。

また、実際に後片付けに参加することで、地域とのかかわりや清掃の大切さを感じる良い機会にもなるでしょう。

仮装と着替えの問題

ゴミについで問題視されているのが、ハロウィンの仮装についての問題です。

ハロウィンなので基本的に何かしらの仮装を行うことになりますが、移動や時間などの問題もあり、会場に着いてから仮装したいという人が非常に多く、着替え場所を確保できなかったという意見が非常に多く報告されていました。

その結果、周辺の公衆トイレで着替えをする方が続出し、トイレを利用したい方が使えなかったり、トイレ内にゴミが散乱したり、忘れ物が多発する事態に陥ったので、今回はそうした事態が起きないように配慮を呼びかけています。

それでもどうしても難しいという人は、以下の場所で着替えやメイクができるので活用すると良いでしょう。

無料で利用できる宮下公園では、仮設更衣室10基とメイク用テント2つを設置。仮設トイレも計12基用意される予定です。

宮下公園・フットサル場A

  • 日時:10月28日~31日(月) 16:00~21:00
  • サービス:更衣室、トイレ
  • 料金:すべて無料
  • 住所:渋谷区神宮前6-20-10
  • 備考:渋谷駅から徒歩3分

ハロウィンDOGENZAKA更衣室「studio mission」

  • 日時:10月29日・30日(日) 11:00~23:00
  • サービス:更衣室、クローク、トイレ
  • 料金:更衣室利用 500円、クローク利用 500円、トイレのみの利用は無料
  • 住所:東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館 7F
  • 備考:渋谷駅から徒歩5分、(TEL)03-6427-8107

以上の渋谷区が共催する「ハロウィンごみゼロ大作戦 in 渋谷」が設置する場所以外にも、渋谷のあちこちのお店でも更衣スペースやトイレが提供されます。

ドン・キホーテ特設店舗「DONKI HALLOWEEN Fes.2016(ドンキハロウィンフェス2016)2F」

  • 日時:10月21日~31日 15:00~翌1:00(29日、30日は0:00~翌1:00)
  • サービス:更衣室、トイレ
  • 料金:トイレ無料、更衣室は「majica(マジカ)」会員のみ無料
  • 住所:東京都渋谷区宇田川町28-6 三善ビル
  • 備考:渋谷駅から徒歩5分、更衣スペースの利用は「majica(マジカ)」をmajicaアプリおよびClubDonpenモバイルで情報登録している人が対象。

渋谷HUMAXシネマ

  • 日時:10月28日~31日 9:30~24:00
  • サービス:更衣室、荷物預かり
  • 料金:1ドリンク制(300円~)/映画鑑賞の場合は無料
  • 住所:東京都渋谷区宇田川町20-15 ヒューマックスパビリオン渋谷公園通り4F
  • 備考:渋谷駅から徒歩5分、着替えスペース=劇場お手洗い、(TEL)03-3462-2539、営業時間中は-荷物の預かり可能(貴重品を除く。24:00まで)

渋谷ヒカリエ9Fヒカリエホール ホールA

  • 日時:10月29日 13:00~22:00
  • サービス:更衣室
  • 料金:20歳以上なら仮想専用更衣室が無料
  • 住所:東京都渋谷区渋谷2-21-1
  • 備考:渋谷駅直結、イベント「渋谷オトナハロウィン2016」開催(入場無料)

未成年の方が参加する場合

今年ハロウィンへの参加を予定している人の中には未成年の方もいるでしょう。

お祭り気分でテンションも上がり、周囲の雰囲気に流されてお酒を勧められるかもしれませんが、未成年者の飲酒は法律で禁止されています。絶対に未成年者は飲酒をしない、万一勧められても断る、ということが大切です。

大きなイベントになるほど、未成年者がトラブルに巻き込まれるケースが増えてきます。小さい子供の場合は迷子などの心配が出てきますし、学生の場合も暴力事件などのトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

もちろん、そうしたトラブルが起きないよう努められてはいますが、万が一の事態も考えて、騒がしいところ、揉め事が発生しているところ、怒鳴り声が聞こえる場所などには近づかず、安全な場所でイベントを楽しみましょう。

今後もイベントを残すために

ハロウィンは、まだ日本ではスタートしたばかりの新しいイベントで、まだまだ多くの課題が残されています。

ゴミや着替え、イベント開催中の様々なトラブルなど、特に公共のルールに関するトラブルが多く報告されていますが、一人ひとりがルールを守り、お祭りを盛り上げる気持ちが大切です。

どのルールも一般常識の範囲内で、特に難しいことではありません。皆様で楽しむという気持ちを持って、参加者や周りも含め、みんなが気持ちよく過ごせるイベントにしていきましょう。

(image by ぱくたそ 1)
(image by 写真AC 1 2 3)
(image by PIXTA)

この記事で使われている画像一覧

  • 5d532da6 af1f 423c aaf3 5ccea66fe022 thumbnail
  • 1bba4d0c 208c 4de8 b0b5 3d6b21236438 thumbnail
  • 22559a50 1ef6 47fe 9a34 ed7fd975002d thumbnail
  • 58452ae4 f9a6 4e3f a075 246edc1a0d29 thumbnail
  • 4d4896d4 a6e7 4ea0 8312 0a4214e306f7 thumbnail
  • E74aede3 5147 4418 ba53 2f876d7b63e0 thumbnail

本記事は、2016年10月28日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る