生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 「出会いがない…」と嘆く社会人が恋を見つけられる7つのスポット

「出会いがない…」と嘆く社会人が恋を見つけられる7つのスポット

2016年10月27日作成

 views

「社会人になると、なかなか出会いってないよね~・・・」

これって、恋がなかなかできない方に多いセリフですよね。女子会をしているテーブルから、溜息と併せてよく聞こえてきます。

そんな方に朗報です!婚活・恋活がブームとなっている昨今、恋が始まるスポットは意外とたくさんあるんです。

その中でも、本当に出会いに繋がるものをここで一挙公開します!

恋が始まるスポット7選

1.「お食事会」またの名を「合コン」

スポーツ選手とアナウンサーの出会いを聞くと「お食事会です」なんて笑顔で答えているインタビューをよく聞きますよね。男女の出会いの歴史において根強い人気があるものがこちらの、合コン(お食事会)。

出会いを求めている相手とだけ効率良く出会えて、ピンとくる人がいなくても「合コン仲間」という新しいカテゴリの知り合いが作れて、そこからまた無限に交流を広げていけるものです。

実際に結婚式で出会いのきっかけとしてよく聞く「友人の紹介で…」というのも、実はここの割合がかなりを占めているのではないかと思われます。

2.婚活パーティー

最近巷では「婚活」ブームが巻き起こっており、連日さまざまなパーティーが各地で開催されています。結婚相手を探す真剣度の高いものや、まずは恋を始めたいというカジュアルなものまで、多種多様なパーティーがありますよ。

同じお気持ちを持った者同士で出会えるので、恋や結婚へスムーズに進みやすいことが特徴です。

3.BAR

実は大穴のスポットがこちら。出会いを提供する場として運営している「出会いBAR」などではなく、1人でしっぽり飲める、普通のBARというところがポイント。なんとなく会話が始まった相手とはお互いナチュラルな状態で接することができ、価値観や素の雰囲気を感じられます。

そこから友情を築くも良し、恋に落ちるも良し。力の入っていない、大人の出会いの場ですね。

4.インターネット

「出会い系」と言われていた出会いの掲示板。ネットの出会いなんて聞くと、なんだか怪しい雰囲気を感じる方もいるかと思いますが、最近は「出会いアプリ」というものがとてもカジュアルに若者から幅広く利用されるようになってきているんです。

恋人を探すものや、その日一緒に飲みに行ける相手を探すものなどその内容は様々。その時代に合った媒体を賢く利用していくのも手です。

5.習い事

スポーツジムやお料理教室、カメラ教室、陶芸教室…。自分を高めるために投資するって、非常に有意義なお金の使い方ですよね。

その場を上手く利用して、同じ趣味を持った相手と出会えたら一石二鳥です。共通の話題で自然と意気投合できちゃいますよね。

6.ボランティア

年齢層や男女問わず、さまざまな方が参加しています。その分、出会いはたくさんあります。しかも、誰かのために動きたいと思える心の優しい方、また真面目で信頼できる方と多く出会えるのです。

ただし、ボランティアに参加している人たちは活動に対して真面目で真剣です。出会い目的の浮ついた気持ちで行っては迷惑もかかって印象も悪くなるので、あくまでボランティアを全力でやっていく中で出会いを見つけましょう。

7.イベント

春はお花見、夏は花火大会、ビアガーデン、秋は紅葉、冬はイルミネーション…。各地で行われる様々なイベントでも、出会いはたくさん広がっています。

たまたま隣に座った相手、入ったお店の店員さんなど、イベントの高揚感を利用して積極的に話しかけてみるといいかもしれません。

大切なのは、出会いの場に顔を出す「行動」だけ

出会いって思いのほか、たくさん散らばっているものですよね。あとはどのようにしてその出会いを自分が見つけていけるかだけなのです。

毎日同じ時間に同じ道を歩いていては出会えなくて当然。普段は行かない場所へ行くという「行動」だけが出会いを生みます。

皆さんも勇気を出して、出会いを見つけていってくださいね。

(image by amanaimages 1 2)

この記事で使われている画像一覧

  • 76289e12 50a6 4097 bf93 58a0d0e65950 thumbnail
  • 646d5833 298d 4290 ac53 13f984939c4f thumbnail

本記事は、2016年10月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る