生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 歴史上の人物から時代背景を見る(聖徳太子は存在しない?)

歴史上の人物から時代背景を見る(聖徳太子は存在しない?)

2010年12月15日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

聖徳太子と言えば「冠位十二階」や「十七条憲法」を制定、遣隋使を派遣して国外との交流を試みたと言われる飛鳥時代の皇子です。……と言う風に社会科の授業では教わってきたはずです。

しかし、近年、その存在が架空の物だったと言う声が大きくなってきました。聖徳太子は果たして本当にいなかったのでしょうか?

聖徳太子が居なかったと言われる根拠

存在しないと言われるには様々な根拠があります。

肖像画は別人

私たちが御馴染みの古いお札の肖像ですが、あの衣装は聖徳太子の時代には無かった物です。冠も、服も、笏も、大化の改新以降の物なのです。

この肖像画は別人の物が太子だと言われて根付いてしまった物か、後世の人が描いた想像画だと言われています。

そもそも「聖徳太子」と言う名前が作り物

本名は「厩戸」(うまやど)(厩戸皇子、厩戸王)と言われます。

「聖徳太子」と言う名前は当時の史料の何処にも存在せず、太子の没後100年以上も経ってから編纂された「懐風藻」と言う書物で初めて出てきた名前なのです。

以後の史料からは「聖徳太子」と書かれ、「厩戸」と言う本名の方が消えてしまっているようです。

これで、とりあえず「聖徳太子」と言う名前は消えてしまいました。現在は教科書にも載っていないそうです。

「十七条憲法」も「冠位十二階」も太子が作った物ではない?

「日本書紀」には、「十七条憲法」は厩戸皇子が記されたと書かれています。しかし、官名や内容には後世の概念が含まれているそうです。

また「冠位十二階」は当時の最高権力者、蘇我馬子が作った物だろうと言われています。「遣隋使」に至っては、「日本書紀」にさえ厩戸皇子が派遣したとは書かれていません。

聖徳太子信仰

太子が眠っておられると言う「聖霊院」です。

聖徳太子が本当に居たのか居なかったのかは学者も討論の段階です。結論は永遠に出ないかも知れません。しかし、聖徳太子の人気は太子の没後から根強く、現代にも至っています。

聖霊院(奈良県斑鳩町法隆寺山内)
交通:JR法隆寺駅から徒歩20分、またはバス法隆寺門前下車

おわりに

一度に10人の声を聞くことが出来たと言われる聖徳太子。伝説のようになってしまいましたが、居ないと言うのは寂しいですね。

「10人の声を聞く」と言うのは、どんな訴えも取り上げると言う皇子であったのかも知れませんね。いつの世にも居て欲しいリーダーである事が、未だに人気がある秘密なのかも知れません。

本記事は、2010年12月15日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る