生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 彼がケチなわけじゃない!男性に嫌われるアイスクリームの選び方

彼がケチなわけじゃない!男性に嫌われるアイスクリームの選び方

2016年08月19日作成

 views

炎天下でのデート。欲しくなるのは、やっぱりアイスクリーム。こういうとき女性は「美味しいかどうか」で選んでしまいがちじゃないですか?

しかし、何も考えていないと、アイスクリーム選びだけで彼に嫌われることも…。一体どういうことなのでしょうか?

目次

ごちそうしてもらう場合、一定の価格を超えると彼が失望する

「アイスクリームぐらいごちそうしてあげるよ」そう言ってくれる彼は多いはず。「高くても300円ぐらだし」とアイスのごちそうは気軽に受け取りやすいですよね。

ところが……これが落とし穴。

例えば、彼がガリガリ君のような60円アイスを選んだとします。何も考えず「私は300円の高級アイス!」と選ぶと…。「俺が60円のアイスなのに、平気なのか」とどうしても思わせてしまいます。

なんてココロが狭い男なんだろう、と思われるかもしれませんが、実はこれ、アイスクリームだけの問題ではなくなってしまうのです。

「この子、もしかしたら空気を読まない子かもしれない」

どんなことになるかというと、

「俺だったら、おごってもらう相手が安いアイスを選んだら、平気で高いものを選んではいけない空気を感じ取る。この子はそういうこと出来ないんじゃないか」

と、男性にアイスクリーム以外のことで不安を抱かれてしまうのです。彼のココロが狭いのではなくて、彼が不安を抱くことが、恋を終わらせる危険信号になるのです。

ごちそうしてもらうアイス、どれぐらいの価格差までならセーフ?

つまり、もしアイスクリームをごちそうしてもらうなら、彼のアイスクリームの2倍まで。例えば、彼がガリガリ君を食べたとしたら、120円もしくは130円までです。まあ、高級アイスに手を出さなければ、だいたいセーフですね。

「いやっ、私は高級アイスを食べたいんだ!」という思いがおさえられない場合はどうしたらいいのか。それには1つ解決法があります。それは、彼のアイスの値段を吊り上げること。

一番使える技は、自分の食べたいアイスと同等の価格のアイスクリームと2つを彼に見せます。

「迷ってるんだけど、どっちがいいと思う?」と聞くと、人の良い彼の場合は「分け合おう」と言って、買おうとしていた安いアイスをやめて、どちらも買ってくれる可能性が高いです。こうするとアイスの価格差トラブルは起こりません。

もし「あ、こっち」と答えて終わりそうな場合はストレートに、「私だけ高いアイスクリームで申し訳ないわ〜」と一度アイスのケースに戻し、彼と同じアイスを選んでみましょう。

「いいよいいよ、俺はこれ好きで選んだから」と言わせましょう。そうすれば、彼が彼女のアイスの価格差を受け入れたことになるので、これで解決です。

たかがアイスと思わずに

暑いと自我が出やすいですが、アイス選び1つも入念にいきましょう!1つの判断で大きく印象が変わってしまうかもしれません。

今回はアイスを例に出しました、これは他のことにも当てはまります。ごちそうしてもらうときは「この子、もしかしたら空気を読まない子かもしれない」と思われないようにしましょう。

(image by amanaimages)

著者:大西 明美

この記事で使われている画像一覧

  • 2d1c1d7f 62b6 454c a6ef 3e20fc29b9bd thumbnail

本記事は、2016年08月19日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る