生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon housing不動産・住宅

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 大学新入生ための物件探しのポイント

大学新入生ための物件探しのポイント

2010年12月15日作成

 views

お気に入り

はじめに

大学に合格して春から一人暮らしを始める方に向けて、物件探しのポイントをご紹介します。

物件探しは心が躍る楽しさもありますが、一歩間違えるとトラブルになってしまうこともあります。しっかりポイントを押さえていいお部屋に契約したいですね。

物件探しのポイント

ポイント1: 住みたい部屋の条件を整理する

理想の条件を書き出す

部屋探しをする前にどんな部屋に住みたいか、部屋の周辺はどんな雰囲気がいいか整理しましょう。

  • 家賃
  • 広さ
  • バス、トイレ別など
  • 駅からの距離
  • スーパーまでの距離

このような条件をすべて書き出してみましょう。まずは、理想の条件ですので、制約を設ける必要はありません。

条件に優先順位をつける

理想をすべて叶えることができる部屋に出会うのは至難の業です。そこで、理想の条件に優先順位を付けていきましょう。

いざ、部屋を探し始めた時に、きっとどの部屋にするか迷うことがあるでしょう。その時に、この優先順位を参考に部屋を決めることができるのです。

ポイント2: 交通手段を確認する

大学が都心部以外の場合にチェックしておきたいのが、大学への交通手段です。

大学の周辺に公共の交通手段が無い場合、少ない場合に確認しておきたいのが、大学の駐輪場、駐車場です。

自転車が多い場合は、大学に通う先輩たちが自転車圏内である大学近くに住んでいることがわかります。バイクや車が多い場合は、大学からある程度距離がある場所に住んでることがわかります。

やはり、大学の先輩が住んでいる場所は安全、便利な場所が多いですから、このような情報を参考に部屋探しをしてみてはいかがでしょうか?

都内で部屋探しをする場合は、家賃の上限を最初に決めましょう。家賃で住むエリアが概ね決まります。あとはそのエリアの不動産やへ行けば部屋が絞り込めます。

ポイント3: アルバイトをする場所をチェックする

大学生になると空いた時間にアルバイトをするようになります。ですから、アルバイトができそうな場所が多い繁華街などをチェックしましょう。

アルバイト先への交通手段を確認し、大学とアルバイト先の両方に行きやすいエリアを絞り込みます。

ポイント4: 部屋の雰囲気を確認する

いざ、部屋の内覧をすることになったら、チェックしたいポイントがたくさんあります。

  • マンションのロビーや廊下は清掃されているか
  • 内装は綺麗に掃除されているか
  • ポイント1でまとめた条件に合致するか
大学生の場合、まだ入居者がいる状態で賃貸契約を結ぶ場合が多く、内覧ができないことが多くあります。内覧ができなくても、マンションやアパートの外観だけでもチェックするようにしましょう。意外に気付きが多いのです。

不動産仲介業者はすぐに契約させたいため、今日を逃すともうこんな条件の部屋はないといったようなことを必ず言ってきます。しかし、焦る必要はありません。後悔しないように、しっかりチェックして納得できる部屋を契約しましょう。

ポイント5: 夜の雰囲気をチェックする

女子学生の場合にしっかり確認しておきたいのが、部屋の周辺の夜の雰囲気です。アルバイト帰りの夜道、ひったくりや痴漢にあわないように、街灯があるか、人通りがあるかをしっかり確認しておきましょう。

おわりに

大学新入生ための物件探しのポイントはいかがでしたか?いざ部屋を探し始めると妥協してしまって契約後に後悔してしまったり、理想を追い求めすぎてなかなか部屋が決まらないことがあります。

今回ご紹介したポイントはほんの一例ですが、ポイントを押さえておけば効率よく納得のいく部屋が見つかると思います。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130706183952 51d7e5e88db1f

本記事は、2010年12月15日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る