生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7.  
  8. 3〜4時間で京都観光スポットをまわるコツ

3〜4時間で京都観光スポットをまわるコツ

2014年08月06日更新

 views

お気に入り

京都在住の元ハイヤードライバーがオススメ

仕事で京都に来た。せっかくだから観光したい。でも時間がない。
そんな方も多いのではないでしょうか。

そこで、京都在住、元ハイヤードライバーの知人に「3〜4時間でも京都を満喫できる方法」を聞いてきましたのでご紹介します!

JR京都駅近辺

  • 智積院
  • 十三間堂
  • 甘春堂東店

を巡るコースがオススメ。

時間が余れば、

  • 京都国立博物館

も、すぐ近くにあるので見ることもできます。

まずは智積院(ちしゃくいん)へ

移動手段はタクシーで。市バスの100番でも行くことできますが、日曜日だとのりばで行列ができているかもしれません。

タクシーでも700円程度で行けるので、時間を節約しましょう♪ 目的地は「山七条の智積院」と伝えてください。

智積院には国宝の長谷川等伯の障壁画が納められていて必見なのと、大書院という建物を順に見て回りながら庭園の眺めを室内から楽しめるので、雨が降っていても足下が気になりません。

障壁画の本物は別棟の収蔵庫にありますので、忘れずに見て帰ってくださいね。

拝観時間や拝観料をチェックしておきましょう→ 真言宗智山派 総本山智積院

次は、三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)へ

智積院から歩いて移動できます。

智積院を出ると目の前の大通り(東大路通りといいます)を右に進んでください。そうするとすぐに信号があって、そこを左に曲がります。この大通りは七条通りといいます。下り坂をそのまま進んでください。

左手にはハイアットリージェンシー京都があり、それを過ぎた左手にすぐ三十三間堂があります。

三十三間堂もお堂の中に並んだ1001体の観世音菩薩像を順に見て回るので、梅雨の時期でも安心です!

拝観時間や拝観料をチェックしておきましょう→蓮華王院 三十三間堂

休憩に甘春堂東店へ

ゆっくり見て回ると2カ所で1時間半はすぐに過ぎてしまいます。お向かいの京都国立博物館を見るか、お茶しに行くかどちらかにするのがよさそうです。

お茶する場合は、「甘春堂東店」がオススメです。町家風の建物で、抹茶パフェ(撓パフェ)なんか食べるといいかも☆

和菓子屋さんのカフェスペースなので、甘いものを食べて疲れをリフレッシュしてくださいね。

甘春堂東店への行き方

三十三間堂からは、目の前の大通りを左の方に進みます。七条通りの下り坂をさらに下がっていく感じです。そうするとすぐに信号があるので、そこを右に曲がります。七条通りを横切る形ですね。

角には「大仏前交番」があるので目印に。(京都にも昔は奈良よりもの大きな大仏殿があったので、その名残です)しばらく進むと大通りがだんだん狭くなってきます。

そのあたりの右側に「豊国神社」があって、石碑に大きく書いてあるのでそれを目印に、左に曲がってください。そうすると右側にお店があります。

時間があれば、次に京都国立博物館かJR京都駅内観光へ

時間があればお茶してから国立博物館を見るか、京都駅でお買い物でもGood。

駅自体が観光スポットでもあるので、「空中径路」の展望スペースから京都が一望できるので探検してみてください。

JR京都駅に戻るときもタクシーを利用しましょう

とにかく京都はバスが混みます。観光目的であれば、時間の短縮のためタクシーで移動するのが良いです。

「甘春堂東店」ならお店の方に頼めば呼んでくれたりします。もし自分で呼ぶ場合は、電話で「豊国神社の近くの甘春堂」といえばわかるはずです。

とても対応がいいのでMKタクシーがオススメです。075-778-4141に電話して向かえに来てもらいましょう。

以上です。

短い時間ですが、おもいきり京都を楽しんでくださいね!

こちらもどうぞ!

この記事で使われている画像一覧

  • 20090901121423

本記事は、2014年08月06日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る