生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 普段から散らかさず、部屋をきれいに保つコツ

普段から散らかさず、部屋をきれいに保つコツ

2010年12月14日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

部屋って気がついたら散らかってしまいますよね。特に一人暮らしの方なんかは片付ける人が自分しかいないので、散らかりやすいですよね。

急に友人が来た際に焦ってしまう方も多いのではないでしょうか。今回はそんな方のために、部屋をきれいに保つコツを紹介したいと思います。

片付けるやる気をだすために

掃除をスケジュール化する

定期的に掃除を行う作戦です。自分に義務として課すわけですね。自己責任感の強い人なら有効な方法だと思います。

最初は1週間に1回は必ず掃除をするとかでもかまわないでしょう。それだと後回しにしてできないという人は、「何曜日の何時から毎週掃除する」と決めるのがいいと思います。

掃除の類は習慣化することが大切です。

定期的に友人を呼ぶ

よく家に友人を呼ぶ人の家は片付いていたりするんですよね。友人が来るとなると、汚い部屋では失礼ですから片付ける気が起きるわけです。

なので定期的に友人を呼ぶことにすれば、定期的に掃除もするようになります。

同じ友人ばかりだと慣れてそのうち片付けなくなってしまう可能性があります。毎回違う人を呼ぶようにしましょう。

散らかさないために

掃除の回数を減らすためにも普段から部屋を散らかさないようにしましょう。

ちょっと散らかっているだけなら、すぐに掃除する気にもなりますし簡単なので、部屋をまず散らかさない工夫が必要です。

使ったものは元に戻す

これは言われれば当たり前のことなのですが、意外とできている人は少ないです。使ったものをついついその辺に置いてしまう…それが積み重なって部屋が散らかるのです。

使ったものは元に戻す習慣をつけましょう。

ものを置く場所を決める

「これはここ」「あれはあっち」というように、部屋の中にものを置くスペースをあらかじめ決めておきましょう。

片付ける場所が明確化されていないから片付ける気が起きない、何から手をつければいいかわからないという状況になってしまいます。

服はクローゼットにしまうように、ほかのものもしまう場所を決めてしまいましょう。

おわりに

いかがでしょうか。掃除というものは自分がやる気にならなければできません。

怠け者の人間にならないためにも掃除は定期的にしましょう。部屋がきれいになると、気分もすがすがしいものになりますよ。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20101214082522

本記事は、2010年12月14日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る