\ フォローしてね /

残った炭の保存方法

夏といえばバーベキュー

毎年夏の楽しみといえばキャンプに海水浴に山登り、そしてそういった場で必ずと言っていいほど行われるのがバーベキューです。

バーベキューといえば炭

当然、バーベキューには炭を使います。しかしながら購入した炭をひと夏でキッチリ使い切るのはやってみるとなかなか出来ないものです。

炭といえばなぜか残ってしまう

無理に燃やしてしまえば使い切ったことにはなりますが、炭もお金を出して買ったもの。残ってしまった炭は次回に使いたいものです。

ただし、バーベキューを行う季節は1年のうち夏ぐらいです、中には真冬に屋外で食べるのが好きな人もいるかもしれませんが極めて少数派でしょう。

残った炭を次回に上手く使うには

用意するもの

  • 残った炭
  • ビニール袋
  • 煎餅などのお菓子の袋に入っている乾燥剤
  • ガムテープ
  • 段ボール箱(もともとその炭が入っていたもの) ##やり方 ###残った炭をビニール袋に入れます ビニールの大きさは残った炭の量に合わせて選べばそれだけで十分です。材質は特に気にせずともよいでしょう。

最初に炭が入っていた袋の保存状態がよければそのまま使用してかまいません。ただし、少しでも穴などが開いていたり穴はなくともかなり傷んでいる袋は捨てて新しいものを用意しましょう。

乾燥剤をその上に入れます

ビニールに入れた炭の上にお菓子の袋から取り出した乾燥剤を入れます。食品用に使用されている乾燥剤はだいたい消石灰なので、特に選ぶのに苦労はしません。

乾燥剤の量は炭の量に合わしますが、残った炭ですからたぶん大量の炭ではないので1つあれば十分でしょう。

ビニール袋をくるみます

出来るだけ炭と炭、ビニール袋と炭の隙間を少なくしてくるみましょう。空気中には湿気が含まれていますので、隙間が多いとその分湿気も多いことになります。

くるんだビニール袋をテープで密閉します

出来るだけ隙間を少なくしてくるんだビニールなのできっちりガムテープで張り合わせましょう。

ガムテープですが同様に張り合わせることが出来て粘着力が保管中に落ちてこないものであればビニールテープでもかまいません。

おわりに

安価な保存方法で他にもメリット

最近の炭は安価なものも売られていますが、やはり新しく購入するよりは保管しておいて使ったほうが経済的なこともあります。

乾燥剤はお菓子を食べれば付いていますので、そのついでに手に入ります、ビニールなんかは安いものです、またテープも1巻き全て一回で使い切ることはありません。

高価な備長炭などを使っているのならなおさら経済的になります。せっかく炭にされた樹木を捨てずにちゃんと使い切ることは全体的に炭にされていく樹木が少なくなり、いま注目のエコにもつながります。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。