生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 部屋をキレイに保つためのゴミ箱の使い方

部屋をキレイに保つためのゴミ箱の使い方

2010年12月14日作成

 views

ゴミを床に置きっぱなしにしていたり、ゴミ箱に溜めているとスグに部屋が汚くなってしまいますし、ゴミだしが面倒になりますよね?

そこで今回のライフレシピでは、部屋をキレイに使うためのゴミ箱の選び方・使い方を紹介します。

面倒なタイプのゴミ箱

ご家庭では、下のようなゴミ箱が使われることが多いのではないでしょうか?

しかし、上記のような一般的な形のゴミ箱は、ゴミを出す日に指定の袋に詰めなおすという作業が必要でした。また、部屋にこのゴミ箱1つでは、後で燃える物と燃えない物を分ける必要があります。

便利なゴミ箱とその使い方

買うべきゴミ箱

労力の面からいって、以下のようなゴミ箱をオススメします。

これは、ゴミ袋やビニール袋を引っ掛けて使うタイプのゴミ箱です。袋をかけるので、最初から回収用の袋をつけておくと楽です。

分別は最初の段階で

ごみの分別は捨てるそのタイミングで行いましょう。1つのゴミがどの回収分類にあたるのかを考えながら捨てましょう。時間が経ってから分別するよりも楽なはずです。

また、そのためには袋をいくつかにわけてかけることが必要です。燃えるゴミ、燃えないゴミだけではなく缶やビンなども用意しておきましょう。

捨てるのは小まめに捨てる

よくゴミを溜めてから捨てるという話を聞きますが、部屋のキレイさを大切にする場合は、小まめに捨てるのが良いです。

ゴミ袋がもったいない気もしますが、特に梅雨から夏にかけては早めに出すようにしましょう。カビが生えたり、虫がわいてしまう可能性があります。

おわりに

部屋をきれいに保つと聞くと、どうしても苦痛な掃除を思い描くと思います。

しかし、片付けやすい仕組みを作ることによって、自分部屋をより暮らしやすくするのは可能なのです。

上記以外にも色々と試行錯誤されることをオススメします。

本記事は、2010年12月14日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る