生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 散らかすスペースを作って部屋をキレイに保つ方法

散らかすスペースを作って部屋をキレイに保つ方法

2010年12月14日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

「部屋が散らかってしまって困る」、「中々掃除ができない」と思ったことはありませんか?

部屋をキレイに保つためには、小まめに掃除ができればいいですが、それが面倒なときもありますよね。そこで今回のライフレシピでは、散らかすスペースを作って、部屋をキレイに保つ方法を紹介します。

部屋全部をキレイに保つ必要はない

部屋の隅から隅までを常にキレイに保とうと思ったら、すごく大変ですよね。部屋をキレイにするというと、どうしても掃除を連想してしまいがちです。

けれど、大切なことはスペースを確保して、モノがどこにあるか分かる生活しやすい環境を作ることです。そのためには、ワザと散らかしても良いスペースを作るという事が効果的です。

散らかしても良いスペースつくり

衣服を放り投げる場所を作る

帰宅後ベッドの上や、イスに衣服をかけるということを続けていると、部屋のスペースは非常に狭くなります。

わざわざ衣服を畳む必要はないので、放り込む場所を確保しておきましょう。例えば、洗濯籠のような物でも良いです。

脱いで2日以内なら、キレイな服は、このカゴから取り出して着てもよしなど自分ルールを作っておきましょう。

書類や郵便物はレタートレイにぶちまける

書類や本なども、机の上にバラバラにおこうとするので汚く見えます。整理はしなくていいので、一箇所にぶちまけましょう。下のようなレタートレイを買って本から、書類、手紙まで全部入れるとスッキリします。

財布や腕時計、ケータイを小物トレイに置く

財布やケータイなども丁寧にしまう必要はありません。大雑把に投げ込む場所だけ決めておけば良いのです。

例えば、以下のような革の小物トレイを使うとお洒落にも見えます。

おわりに

片付けと聞いても、すこし肩の力を抜いても大丈夫です。自分で工夫をしながら、無理なく部屋をキレイに保つこともできます。

ぜひ試してみてください!

本記事は、2010年12月14日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る